黒澤満 : ウィキペディア(Wikipedia)

黒澤 満(くろさわ みつる、1945年1月17日 - 浅田正彦・戸崎洋史編『核軍縮不拡散の法と政治――黒澤満先生退職記念』信山社、2008年、557頁)は、日本の法学者。専門は、国際法、軍縮法、国際安全保障。大阪女学院大学教授。

軍縮国際法の開拓者として知られる同書、vii頁。

経歴

著書

単著

  • 『現代軍縮国際法』(西村書店、1986年)
  • 『軍縮国際法の新しい視座――核兵器不拡散体制の研究』(有信堂高文社、1986年)
  • 『核軍縮と国際法』(有信堂高文社、1992年)
  • 『核軍縮と国際平和』(有斐閣、1999年)
  • 『軍縮をどう進めるか』(大阪大学出版会、2001年)
  • 『軍縮国際法』(信山社、2003年)
  • 『核軍縮と世界平和』(信山社、2011年)
  • 『核軍縮入門』(信山社、2011年)

共著

  • (馬場伸也・平野健一郎・鈴木實・初瀬龍平)『国際関係キーワード』(有斐閣、1997年)

編著

  • 『新しい国際秩序を求めて――平和・人権・経済:川島慶雄先生還暦記念』(信山社、1994年)
  • (ジョン・カートン)『太平洋国家のトライアングル――現代の日米加関係』(彩流社、1995年)
  • The North Pacific Triangle: the United States, Japan, and Canada at Century's End, co-edited with Michael Fry and John Kirton (University of Toronto Press, 1998)
  • Nuclear Disarmament in the Twenty Century, co-edited with Wade L. Huntley and Kazumi Mizumoto (Hiroshima Peace Institute, 2004)
  • 『軍縮問題入門』(東信堂、1996年/第2版、1999年/新版、2005年/第4版、2012年)
  • 『大量破壊兵器の軍縮論』(信山社、2004年)
  • 『国際関係入門-共生の観点から』(東信堂、2011年)

訳書

  • ジョセフ・ロートブラット編『科学者の役割――軍拡か軍縮か』(西村書店、1986年)
  • ジェイムズ・トンプソン編『核戦争の心理学』(西村書店、1988年)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/06/22 02:02 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「黒澤満」の人物情報へ