クロード・ペロン : ウィキペディア(Wikipedia)

クロード・ペロン(Claude Perron 1966年1月26日-)は、フランスの女優である。

来歴

日本ではブラックなタッチのコメディードラマ『ベルニー』で注目され、映画やTVムービー等に活動を置く。主役やヒロインよりも脇役が多く、また日本に入って来る作品も多くは無い。

2011年にNHKのドキュメントドラマ『カティアとモーリス 〜雲仙・普賢岳 火砕流に挑んだ夫婦〜』でカティア・クラフトを演じた。

代表作

公開年邦題原題役名備考
1996 ベルニーBernie マリオン
2000 そして愛に至るAprès la réconciliation カトス
2004 ブルー・レクイエムLe convoyeur ニコル
天使の宿り木Mon ange ペギー
2007 インストーラーChrysalis ミラー
2008 キューブ・ホスピタルCortex ベアトリス
2009 ザ・ホード -死霊の大群-La horde Aurore
2011 突然、みんなが恋しくてEt soudain tout le monde me manque スザンヌ

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/10/23 22:05 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「クロード・ペロン」の人物情報へ