石川慎吾 : ウィキペディア(Wikipedia)

石川 慎吾(いしかわ しんご、1993年4月27日 - )は、大阪府堺市中区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。愛称は「ダイナマイト・シンゴ」パンチ力のある打撃にあやかり付けられた。。

経歴

プロ入り前

堺市立東陶器小学校1年時からソフトボールを始め、3年時から軟式野球の野田ホークスに所属。 中学時代はジュニアホークスボーイズに所属。

中学時代は通算で2本しかホームランを打っていなかったが、東大阪大柏原高に入り、自分なりのタイミングの取り方を掴むと本塁打を量産する。

主将となり挑んだ3年時の夏は、大阪府予選決勝の大阪桐蔭高戦で一時は最大5点差をつけられるも、最後は押し出し死球でサヨナラ勝ちを収め、同校初の甲子園出場を果たした。

第93回全国高等学校野球選手権大会では、2回戦の如水館高に延長10回の末4-7で敗れた。

10月27日、プロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから3位指名を受けた。同年11月17日、契約金4000万円、年俸550万円(金額は推定)で契約。

日本ハム時代

は二軍で打率.254をマーク、二塁打はチーム最多の14本放った。

7月18日のフレッシュオールスターで8番・右翼手で先発出場、3打数2安打2打点をあげて、優秀選手賞を獲得した。負傷離脱した中田翔に代わって、8月22日にプロ初昇格を果たした。二軍ではイースタン・リーグ2位の14本塁打を打った。

4月17日に一軍昇格を果たし、同日の対オリックス・バファローズ6回戦(ほっともっとフィールド神戸)で井川慶から中前打で出塁し、初得点もマークした。5月20日の対中日ドラゴンズ1回戦(札幌ドーム)では、石井裕也の代打で出場し、ネルソン・パヤノから決勝弾となる2点本塁打を放った。

巨人時代

シーズンオフの11月2日、大田泰示・公文克彦との交換トレードで吉川光夫と共に読売ジャイアンツへ移籍。11月4日、吉川と共に入団記者会見を行った。背番号は日本ハム時代と同じ49

、開幕一軍入りを果たす。当初は代打中心の起用だったが、4月14日に移籍後初安打を放つと、その後は長野久義が不振に陥ったことによって先発出場する機会が増えた。4月28日の東京ヤクルトスワローズ戦(神宮)では、石川雅規から2年ぶりの本塁打、またプロ初3安打猛打賞もマークし、ヒーローインタビューを受けた。6月25日の中日戦では田島慎二からプロ初のサヨナラ安打をマーク。シーズン全体でも99試合出場、57安打、5本塁打、20打点と移籍1年目でほとんどの部門でキャリアハイを記録した。

は春のキャンプから二軍暮らしが続き、一軍昇格はオールスター明けと出遅れた。最終的に一軍では17試合出場、打率.192・本塁打0・打点0と結果を残せなかったが、イースタンリーグでは、打率.336・12本塁打・52打点・出塁率.412を記録。規定打席未到達も野球規則9.22(a)により首位打者と最高出塁率の二冠を獲得。原辰徳監督から秋季キャンプの野手キャプテンに指名された。2019年シーズンから背番号を36に変更今村投手、石川選手ら7人が契約更改 読売巨人軍公式サイト 2018年11月28日。

は前年と違い一軍に帯同し、4月20日の阪神戦ではスタメン出場し、2年ぶりに本塁打を放った。8月24日のDeNA戦ではエドウィン・エスコバーから延長11回、プロ初となるサヨナラ2ランホームランを代打で放ち、チームにマジック20を点灯させた。8月30日阪神戦では途中出場ながら2年ぶりにプロ2度目の猛打賞を記録する。シーズンでは18安打ながら4本塁打10打点を記録したが、4本塁打中3本が阪神戦で、対戦打率も4割7分4厘を記録し、虎キラーぶりを発揮した。また、対左投手では打率.293を記録したが、対右投では打率.083と課題を残した。

選手としての特徴

高校通算55本塁打の打撃に加え、50メートル6秒1、遠投105メートルの俊足強肩である。

小学5年時に参加した野球教室で講師役を務めた巨人時代の清原和博から、「お前、ええ筋肉しとるな」と小学生離れした肉体を絶賛されるほどの天性の筋力とフルスイングが持ち味。

小谷野栄一(本塁打が少ないが、打点王を獲得)のようなチャンスに強い打者を目指している。

高校1年時は三塁手、2年時は一塁手、3年時は捕手とポジションを転々としており、2017年4月18日のスポーツ報知では高校時代の経験を生かして緊急時の捕手として練習を行う記事が掲載された。

3年時夏の大阪府予選4回戦から打撃に集中させたいという監督の意向から現在のポジションの外野手にコンバートされた。

2019年シーズン、わずか76打席ながら、4月20日1号2点本塁打はその試合唯一の得点で決勝点となる先制ホームラン、8月24日3号2点本塁打はマジック20点灯となる11回代打サヨナラ弾、9月15日4号ソロ本塁打は後の逆転勝利につなげる看板の上を直撃する超特大弾と記憶に残る一打が多かった。巨人ファンが選ぶ今シーズン印象に残った選手では石川が坂本勇人、丸佳浩に次ぐ第3位テレビ朝日系列 サンデーLIVE!!2019年9月22日放送分、ファンが選ぶ名シーンベスト10では8月24日のサヨナラ弾が第1位日テレジータス 徳光和夫の週刊ジャイアンツ2019年10月7日放送分に選ばれた。また、リーグ優勝決定後のGoing!Sports&Newsでは阿部慎之助、坂本勇人、丸佳浩、岡本和真という主力とともに生出演した。

人物

子供の頃はゲームをするより外で走り回るのが好きで、野球の練習は両親に言われなくても自分でやっていた北海道テレビ放送 FFFFF 2014年6月28日放送分。

子供の頃の憧れの選手は井川慶で、右投げだが、青いグローブをつけたり、投げる真似をしたりしてなりきっていた。プロ初安打はその井川から放っている。

日本ハム時代は同い年の松本剛、近藤健介、上沢直之と仲が良く、4人で一軍の試合に出ることが一つの目標だった。

書道8段、硬筆6段。一緒に書道教室に通っていた姉は師範代。とても厳しい先生であったので途中で辞めようと思ったが、母から小学校卒業までやるように言われ、小学校6年間やり抜いた。高校の野球部では監督との交換ノートを行っていた際に「字がきれいだ」と評されたベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.51.。

第三次原政権では、秋季練習初日に新指揮官である原辰徳監督からスター性があると言われている。

詳細情報

年度別打撃成績

日本ハム4550000000000000030.000.000.000.000
449383111930125110140501251.229.281.301.582
439987111841230111120901112.207.289.345.633
1228270200021001000051.074.074.074.148
巨人9925123621571235902020001302518.242.287.381.668
1728261511080000020061.192.250.308.558
557670121820432100000610142.257.316.457.773
NPB:7年2745805345611922512187533270351411515.223.276.350.626
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績

年度球団外野
試合刺殺補殺失策併殺守備率
2013日本ハム40000----
20143940010.976
20153841110.977
2016890001.000
2017巨人65832011.000
2018680001.000
201925100001.000
通算250274321.993
  • 2019年度シーズン終了時

表彰

  • 月間「スカパー!サヨナラ賞」:1回(2019年8月)

記録

  • 初出場:2013年8月22日、対東北楽天ゴールデンイーグルス17回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)、6回裏に近藤健介に代わり右翼手で出場
  • 初打席:同上、8回表に上園啓史から空振り三振
  • 初先発出場:2013年8月23日、対オリックス・バファローズ16回戦(京セラドーム大阪)、8番・右翼手で先発出場
  • 初安打:2014年4月17日、対オリックス・バファローズ6回戦(ほっともっとフィールド神戸)、4回表に井川慶から中前安打
  • 初打点:2014年4月19日、対東北楽天ゴールデンイーグルス5回戦(楽天koboスタジアム宮城)、2回表に塩見貴洋から中前適時打
  • 初本塁打:2014年5月20日、対中日ドラゴンズ1回戦(札幌ドーム)、7回裏に石井裕也の代打で出場、ネルソン・パヤノから中越2ラン

背番号

  • 49(2012年 - 2018年)
  • 36(2019年 - )

登場曲

  • 『もんじゃいビート』 関ジャニ∞(2016年 - )
  • 『GOOD BOY』BIG BANG(2016年 - 2017年8月)
  • 『パラダイブ』Da-iCE(2017年9月-)

関連項目

  • 堺市出身の人物一覧
  • 北海道日本ハムファイターズの選手一覧
  • 読売ジャイアンツの選手一覧

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/02/11 12:30 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「石川慎吾」の人物情報へ