愛加あゆ : ウィキペディア(Wikipedia)

愛加 あゆ(まなか あゆ、1987年10月18日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。

富山県富山市『宝塚おとめ 2014年度版』 阪急コミュニケーションズ、2014年、83頁。ISBN 978-4-484-14522-8。、文京区立第七中学校出身愛の原点大切に/愛加あゆ プレシャス!宝塚。。身長161cm。血液型A型。愛称は「あゆ」、「あゆっち」、「れな」。

所属事務所はワタナベエンターテインメント愛加あゆ、宝塚退団後初ドラマ!ワタナベエンタと契約し女優転身 サンスポ。。

来歴

2003年、宝塚音楽学校入学。

2005年、宝塚歌劇団に91期生として入団。花組公演「マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー」で初舞台。その後、雪組に配属。

愛らしい容姿で早くから注目を集め、2009年、水夏希愛原実花トップコンビ大劇場お披露目となる「ロシアン・ブルー」で、新人公演初ヒロイン。その後も3度に渡って新人公演ヒロインを務める雪組新トップコンビプロフィール 宝塚歌劇団。。

2010年、音月桂トップお披露目となる「はじめて愛した」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初ヒロイン。

2011年、「ニジンスキー」(バウホール・日本青年館公演)で、2度目の東上公演ヒロイン。

2012年12月25日付で雪組トップ娘役に就任宝塚史上初!姉妹でトップ娘役就任 デイリースポーツ。。壮一帆の相手役として、翌年の「ベルサイユのばら」でトップコンビ大劇場お披露目。マリー・アントワネットを演じる。

2014年8月31日、「一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団愛加あゆサヨナラ特別番組「Shining Smile」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。。

退団後は2015年よりワタナベエンターテインメント所属となり、芸能活動を再開。

人物

宝塚入団前には子役としてドラマやCMに出演していた経験がある。

実姉は元星組トップ娘役の夢咲ねねであり、同時期に姉妹が揃ってトップ娘役を務めるのは、宝塚史上初のこととなった。

宝塚歌劇団時代の主な舞台

初舞台

  • 2005年3 - 5月、花組『マラケシュ・紅の墓標』『エンター・ザ・レビュー』(宝塚大劇場のみ)

雪組時代

  • 2005年6 - 10月、『霧のミラノ』『ワンダーランド』
  • 2005年11 - 12月、『DAYTIME HUSTLER〜愛を売る男〜』(バウホール・日本青年館) - サリー
  • 2006年2 - 5月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』 - 新人公演:ルルー(本役:花夏ゆりん)
  • 2006年7月、『Young Bloods!!-魔夏の吹雪-』(バウホール) - 愛美
  • 2006年9 - 12月、『堕天使の涙』 - 新人公演:イヴェット(本役:大月さゆ)『タランテラ!』
  • 2007年2 - 3月、『ノン ノン シュガー!!』(バウホール) - ビビ
  • 2007年5 - 8月、『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』 - 娼婦、新人公演:家庭教師(本役:山科愛)
  • 2007年10月、『シルバー・ローズ・クロニクル』(ドラマシティ・日本青年館) - ドーリー
  • 2008年1 - 3月、『君を愛してる』 - 新人公演:アブリコ(本役:悠月れな)『ミロワール-鏡のエンドレス・ドリームズ-』
  • 2008年5 - 6月、『外伝 ベルサイユのばら-ジェローデル編-』『ミロワール-鏡のエンドレス・ドリームズ-』(全国ツアー)
  • 2008年8 - 11月、『ソロモンの指輪』『マリポーサの花』 - 新人公演:ブランカ(本役:舞羽美海
  • 2008年12 - 2009年1月、『カラマーゾフの兄弟』(ドラマシティ・赤坂ACTシアター) - リーズ
  • 2009年3 - 5月、『風の錦絵』『ZORRO 仮面のメサイア』 - ディケアミス、新人公演:エレナ(本役:大月さゆ)
  • 2009年7 - 10月、『ロシアン・ブルー-魔女への鉄槌-』 - タチヤーナ・エセーニナ、新人公演:イリーナ・クズネツォワ(本役:愛原実花)『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』 新人公演初ヒロイン
  • 2010年2 - 4月、『ソルフェリーノの夜明け』 - ロザンナ、新人公演:アンリエット(本役:愛原実花)『Carnevale(カルネヴァーレ)睡夢(すいむ)-水面に浮かぶ風景-』 新人公演ヒロイン
  • 2010年6 - 9月、『ロジェ』 - ドミニク、新人公演:マリア(本役:舞羽美海)『ロック・オン!』
  • 2010年10 - 11月、『はじめて愛した』(ドラマシティ・日本青年館) - レイチェル 東上初ヒロイン
  • 2011年1 - 3月、『ロミオとジュリエット』 - 新人公演:ジュリエット(本役:舞羽美海・夢華あみ) 新人公演ヒロイン
  • 2011年4 - 5月、『ニジンスキー-奇跡の舞神-』(バウホール・日本青年館) - ロモラ・ド・プルツキー 東上ヒロイン
  • 2011年7月、『ハウ・トゥー・サクシード-努力しないで出世する方法-』(梅田芸術劇場) - スミティ
  • 2011年9 - 11月、『仮面の男』 - コンスタンス、新人公演:アンヌ王太后(本役:梨花ますみ)『ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』
  • 2012年1月、『インフィニティ-限りなき世界-』(バウホール)
  • 2012年3 - 5月、『ドン・カルロス』 - エボリ公女、新人公演:フェリア公女(本役:麻樹ゆめみ)『Shining Rhythm!』
  • 2012年7 - 8月、『フットルース』(梅田芸術劇場・博多座) - ラスティ
  • 2012年10 - 12月、『JIN-仁-』 - 野風『GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』

雪組トップ娘役時代

  • 2013年2月、『若き日の唄は忘れじ』 - ふく『Shining Rhythm!-新たなる誕生-』(中日劇場) トップお披露目公演
  • 2013年4 - 7月、『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』 - マリー・アントワネット 大劇場トップお披露目公演
  • 2013年8 - 9月、『若き日の唄は忘れじ』 - ふく『ナルシス・ノアールII』(全国ツアー)
  • 2013年11 - 2014年2月、『Shall we ダンス?』 - ジョセリン・ハーツ『CONGRATULATIONS 宝塚!!』 初エトワール
  • 2014年3 - 4月、『心中・恋の大和路』(ドラマシティ・日本青年館) - 梅川
  • 2014年3 - 4月、月組『TAKARAZUKA 花詩集100!!』(宝塚大劇場) Wエトワール3/29〜4/1のみ壮一帆と特別出演。
  • 2014年6 - 8月、『一夢庵風流記 前田慶次』 - まつ『My Dream TAKARAZUKA』 退団公演

出演イベント

  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2009年6月、『百年への道』(コーラス)
  • 2009年11月、音月桂ディナーショー『The K-ing. DOM-進化するK-』音月桂ディナーショー「The K-ing.DOM-進化するK-」(’09年雪組・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  • 2009年12月、『タカラヅカスペシャル2009〜WAY TO GLORY〜』
  • 2010年12月、『タカラヅカスペシャル2010〜FOREVER TAKARAZUKA〜』
  • 2011年12月、『タカラヅカスペシャル2011〜明日に架ける夢〜』
  • 2013年10月、第52回『宝塚舞踊会』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』

宝塚歌劇団退団後の主な活動

舞台

ドラマ

  • カサネ第3話(2015年3月17日、テレビ東京) - 扇塚桂
  • シメシ(2015年6月21日 - 7月13日、MBSテレビ) - 池山樹理
  • 女の勲章(2017年4月15日、フジテレビ) - 弓枝
  • 今夜もLL(LIVE&LOVE)Episode2〜君の瞳に花束を(2017年5月10日 - 5月31日、TOKYO-MX) - 逢沢ゆき
  • はぐれ署長の殺人急行4(2018年、TBS) - 小野寺涼花
  • 中学聖日記(2018年、TBS) - 駒形真希子
  • 東京男子図鑑(2020年4月30日 - 7月2日、関西テレビ、中国アジア配信(日中共同制作)) − 葉月里香
  • おじさんはカワイイものがお好き。(2020年8月13日 - 9月10日、日本テレビ系列) - 臼間未来

TV出演

  • 2007年12月、フジテレビ『2007 FNS歌謡祭』

受賞歴

  • 2010年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 新人賞

出典

注釈

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/05/12 17:58 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「愛加あゆ」の人物情報へ