ビジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ : ウィキペディア(Wikipedia)

ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ(Vijay Krishna Acharya)は、インドのボリウッドで活動する映画監督、脚本家、作詞家。

キャリア

アーチャールヤは『Dhoomシリーズ』を手掛けた後に、自身を「脚本家」と名乗るようになった。2008年公開の『Tashan』で監督デビューするが、同作は批評家から酷評された。2013年に監督を務めた『チェイス!』は公開10日間で興行収入40億ルピーを記録し、2017年5月時点でインド映画歴代興行収入第6位にランクインしていた。同作は2013年の世界興行収入第78位の成績を収め、2014年にインド国際映画祭で上映され、インディアン・フィルム・フェスティバル・メルボルンではテルストラ・ピープルズ・チョイス・アワードを受賞している。

フィルモグラフィ

  • Dhoom(2004年) - 脚本、台詞
  • Bluffmaster!(2005年) - 作詞
  • Dhoom 2(2006年) - 脚本、台詞
  • Pyaar Ke Side Effects(2006年) - 台詞
  • Guru(2007年) - 台詞
  • Tashan(2008年) - 監督、原案、脚本、台詞、作詞
  • Raavan(2010年) - 脚本、台詞
  • チェイス!(2013年) - 監督、原案、脚本、台詞、作詞
  • Thugs of Hindostan(2004年) - 監督、原案、脚本、台詞、作詞

出典

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/04/03 13:55 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ビジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ」の人物情報へ