桂由美 : ウィキペディア(Wikipedia)

桂 由美(かつら ゆみ、1932年4月24日 - )は、女性ブライダルファッションデザイナー、実業家。本名:結城 由美(旧姓:満生)。株式会社ユミカツラインターナショナル社長、株式会社桂由美ウエディングシステム社長、一般社団法人全日本ブライダル協会会長、全米ブライダルコンサルタント協会名誉会員、アジアブライダル協会連合会会長、NPO法人地域活性化支援センター理事、アジア・クチュール協会創立メンバー。

人物

東京都出身。父は旧郵政省の官吏、母は洋裁学校(現在の東京文化デザイン専門学校)を立ち上げた人物で長女である由美を跡継ぎとしたかった。幼少期はおとぎ話や絵本が好きで、戦時中でも白馬の王子様や美しいお城が現れる世界が頭の中を占めていたという。共立女子中学校・高等学校を経て、母の意向で共立女子大学家政学部被服学科に入学するも浴衣も縫えないほど縫製が苦手だった。また、共立女子学園では軍国少女が海軍派と陸軍派に分かれており、桂は海軍派のリーダーであった。特攻隊員に憧れ、「私たち女性も飛行機に乗れるようにして下さい。特攻隊は男だけではありません。」という血書を書いて海軍省に送ったこともあったというNHK証言記録 あの人の戦争体験「特攻隊員に憧れる軍国少女」

在学中は学生委員を務め、当時の学長・鳩山薫(鳩山一郎の妻)との接点も多く選挙の手伝いもした。また、子供の頃から好きだった演劇部の部長も務めるなど、一時期演劇にのめりこむが才能の限界を感じるようになり(大学1年のとき文学座の研究生となり1年過ごした。俳優ではなくプロデューサー志望だった。)芥川比呂志の言葉もあって大学で学び続けることを決意。やがてファッション業界に身を置く決心を固める。大学後半は文化服装学院の夜間部にも通っていた。

大学を卒業後、フランスに1年留学。デザイン、クチュール技術を学ぶ。帰国後は母が経営する洋裁学校で教鞭をとる。その中で「日本ではまだ誰もやっていない婚礼衣装をやろう」と決意。学生の卒業制作にウェディングドレスを出し、生徒と共に生地探しを行っていた。

1964年、日本初のブライダル専門店をオープンしブライダルファッションデザイナーとして活動開始。

1987年1月、パリにおいてグランドコレクションを挙行。

1993年に、ローマ法王へ祭服を献上。3か月後の復活祭で着用される。

その後もブライダルファッションの第一人者として活動している。

略歴

  • 1932年4月24日 東京生まれ。共立女子中学校・高等学校、共立女子大学卒業後、フランスへ留学覚悟の瞬間「桂由美」
  • 1964年 日本初のブライダル専門店をオープン。ブライダルファッションデザイナーとして活動開始。
  • 1969年 NPO法人全日本ブライダル協会設立。
  • 1972年 元大蔵省官僚の結城義人と結婚。当時結城53歳、桂42歳と晩婚だった。
  • 1976年 日本フォーマルウエア協会(現・日本フォーマル協会)設立。会長に就任。
  • 1990年12月3日 夫の結城義人が死去。
  • 1999年 東洋人として初めてイタリアファッション協会の正会員となる。
  • 2005年 パリ・カンボン通りのシャネル本店前に、パリ店をオープン。
  • 2011年 千葉商科大学サービス創造学部の特命教授に就任。
  • 2019年 文化庁長官表彰令和元年度文化庁長官表彰名簿

政治活動

  • 日本会議の関連団体である美しい日本の憲法をつくる国民の会の代表発起人を務めている遠藤悠樹(編)、日本会議の人脈、三才ブックス、2016年。。日本会議の下部団体である日本女性の会などにも出席している。

著書

  • 桂由美The First Class Wedding(2011年、ユミカツラインターナショナル/世界文化社発行)
  • 桂由美MAGIC(2008年集英社)
  • 世界基準の女になる!(2007年、徳間書店(2010年、PHP出版にて再版))
  • 出会いとチャンスの軌跡(2011年、カナリア書房)

その他

  • 2015年10月7日、ダンス&ボーカルユニット・BRIDGETがリリースした楽曲「君だけ愛してる」は、桂由美監修・全日本ブライダル協会推奨・恋人の聖地公式ウェディングソング。本作品の初期限定版ジャケットには桂の写真が使用されているBRIDGETオフィシャルHP

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/09/11 06:33 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「桂由美」の人物情報へ