トニー・レボロリ : ウィキペディア(Wikipedia)

アンソニー・レヴォロリAnthony Revolori, 1996年4月28日 - )は、アメリカ合衆国の俳優である。『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014年)のゼロ・ムスタファ、『』(2017年)のなどを演じている。

生い立ち

カリフォルニア州アナハイムで生まれ育つ。両親はグアテマラの出身である。父親もグアテマラで俳優をしていた 。また兄弟のマリオ・レヴォロリも俳優である。初期は出生時の姓のクイニョネス(Quiñonez)を使っていたが、後に父方の祖母と同じレヴォロリを選択した。

キャリア

2歳のときに子役としてのキャリアが始まり、ベビーフードのコマーシャルに出演した。初めての重要な役柄はウェス・アンダーソンのコメディ映画『グランド・ブダペスト・ホテル』の若年期のゼロ・ムスタファであった。2014年、彼はにより「20歳未満の最高の俳優」の1人に選ばれた。2017年、彼はマーベル・シネマティック・ユニバースのスーパーヒーロー映画『』でを演じた。同映画ではキャラクターが若い観客に向けて「再創造」されてレヴォロリがキャスティングされたため、一部のコミック・ファンからヘイト・メールや脅迫を受けた。2018年にはのコメディ映画『The Long Dumb Road』に出演した。

フィルモグラフィ

映画

日本語題原題 役名 備考
2004 Nebraska 少年 短編
2008 Smother ウェイロン 短編
Ernesto Teenage Hilario テレビ映画
2009 The Perfect Game フィデル・ルイス
Spout Twin Shaun 短編
2013 Fitz and Slade Kid #2
2014 グランド・ブダペスト・ホテルThe Grand Budapest Hotel 若年期のゼロ・ムスタファ
Special Delivery ラミロ 短編
2015 Umrika Older Lalu
DOPE/ドープDope ジェームス・“ジブ”・カルドンズ
2016 フィフス・ウェイブThe 5th Wave ダンボ
Lowriders Chuy
2017 Take the 10 チェスター
ウェディング・テーブルTable 19 レンゾ・エックバーグ
Spider-Man: Homecoming
2018 The Long Dumb Road ネイサン
500ページの夢の束Please Stand By ネモ
2019 Spider-Man: Far From Home フラッシュ・トンプソン

テレビシリーズ

日本語題原題 役名 備考
2006 ザ・ユニット 米軍極秘部隊The Unit 少年 第1シーズン第4話「金の亡者」
2007 アントラージュ★オレたちのハリウッドEntourage Son 第4シーズン第1話「恋に落ちた監督」
2009 マイネーム・イズ・アールMy Name Is Earl Hunhau 第4シーズン第19話「スパイ大作戦」
2010 Sons of Tucson Paco 第1シーズン第4話「Family Album」
2013 シェイムレス 俺たちに恥はないShameless Sanchez 第3シーズン第2話「アメリカン・ドリーム!?」
2016 Son of Zorn スコット・シュミット 計5話出演
2017 Workaholics Dougie 第7シーズン第10話「Party Gawds」
OK K.O.! Let's Be Heroes Chameleon Jr. 第1シーズン第10話「My Dad Can Beat Up Your Dad!」

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/07/04 12:49 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「トニー・レボロリ」の人物情報へ