楠田芳子 : ウィキペディア(Wikipedia)

楠田 芳子(くすだ よしこ、1924年(大正13年)3月12日会員プロフィール - 協同組合日本シナリオ作家協会「CD人物レファレンス事典 日本編」昭和・平成期 - JLogos 日外アソシエーツ - 2013年(平成25年)12月3日会員の異動 - 日本シナリオ作家協会月刊シナリオ2014年3月号「追悼 楠田芳子」)は、日本の脚本家。

来歴

静岡県浜松市出身。木下恵介(映画監督)と木下忠司(作曲家)は兄。

1942年(昭和17年)、実践女子専門学校家政研究科を卒業。1944年(昭和19年)、楠田浩之(映画カメラマン)と結婚した『現代日本人名録 2002』(日外アソシエーツ)。楠田泰之(テレビプロデューサー・演出家)は息子である。

1965年から木下恵介プロダクション(ドリマックス・テレビジョンの前身)に参加し、1970年にフリーとなる。1993年(平成5年)には「シナリオ功労賞(第17回)」を受賞した『現代日本人名録 2002』(日外アソシエーツ)。

主な作品

脚本・脚色

テレビドラマ

  • 「木下恵介劇場 / 木下恵介アワー」(TBS)
    • 喜びも悲しみも幾歳月(1965年)
    • あしたからの恋(1970年)
  • 氷点(1966年、NET)
  • 三人の母(1968年-1969年、TBS「ポーラテレビ小説」)
  • 豆腐屋の四季(1969年-1970年、朝日放送)
  • みんなで7人(1972年、TBS)
  • 北の家族(1973年-1974年、NHK「連続テレビ小説」)
  • 家族あわせ(1974年-1975年、TBS)
  • 「月曜スター劇場」(NTV)
    • ひまわりの詩(1975年-1976年)
    • ひまわりの道(1976年-1977年)
    • ひまわりの家(1977年-1978年)
    • あすなろの詩(1978年-1979年)
    • おだいじに(1979年-1980年)
    • オレ達全員奈津子の子(1982年)
  • 一人来い二人来いみんな来い(1980年-1981年)
  • めぐりあいて(1981年、NHK)
  • 母さん家においでよ(1986年、TBS)

映画

  • この広い空のどこかに(1954年)
  • ママ横むいてて(1955年)
  • 夕やけ雲(1956年)
  • 涙(1956年)
  • 二人だけの橋(1958年)
  • 青空よいつまでも(1958年)
  • 野を駈ける少女(1958年)
  • 実いまだ青し(1959年)
  • 母子草(1959年)
  • 風の中の瞳(1959年)
  • 若い涙を吹きとばせ(1961年)
  • 故郷は緑なりき(1961年)
  • ママおうちが燃えてるの(1961年)
  • 純愛物語 草の実(1962年)
  • 僕チン放浪記(1962年)
  • かあさん長生きしてね(1962年)
  • 風の視線(1963年)
  • あねといもうと(1965年)
  • 塩狩峠(1973年)

舞台

作詞

  • 風は旅人 - 赤い鳥(1973年度NHK朝の連続テレビ小説『北の家族』主題歌)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/09/09 15:41 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「楠田芳子」の人物情報へ