金原亭世之介 : ウィキペディア(Wikipedia)

金原亭 世之介(きんげんてい よのすけ、1957年12月29日 - )は、東京都清瀬市出身の落語家。落語協会所属。所属事務所は桃花舎 →ソルトアース →キングプロダクション。本名は兒玉 亜津志。出囃子は『吉原雀(文のたより)』。日本舞踊浅茅流の名取り「浅茅与志寿朗」の名を持つ。俳人としては「かいぶつ句会」所属、俳号は「皀角子(さいかち)」。

来歴

二つ目時代は『欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子』に下宿人の「良い下宿人」役で出演、同じく「悪い下宿人」役で当時大学生の小原正也(現・柳家喬太郎)と共演し、また『笑ってる場合ですよ』や『オレたちひょうきん族』などでも出演した宮崎美子の形態模写なども評判を取り、甘い顔立ちからアイドル落語家の一人と呼ばれていた。

80年代にはシンガーソングライターとしてシングル・アルバムを発売し、1999年からはフィニッシングスクールの「ジョン・ロバート・パワーズ・スクール」で『コミュニケーション』の講師を務め、2000年には鰻のファーストフードチェーンストア「名代宇奈とと」を設立するなど、落語以外での活動も幅広い。

略歴

  • 1976年4月 - 東京都立清瀬高等学校卒業後、10代目金原亭馬生に入門。前座名は駒平。
  • 1980年6月 - 二つ目に昇進。
  • 1982年 - 師匠の死去により、金原亭伯楽門下に移籍。
  • 1985年 - 「NHK新人落語コンクール」優秀賞受賞。
  • 1990年 - 「NHK新人演芸コンクール」大賞受賞。
  • 1991年 - テレビドラマ「赤い殺意」にレギュラー出演する。
  • 1992年3月 - 真打昇進。世之介に改名。
  • 2000年 - うなぎのファーストフードショップ、鰻屋「宇奈とと」を考案し社長就任。
  • 2003年 - 他社に鰻屋「宇奈とと」会社を売却。

著書

  • 『なんで挨拶しなきゃいけないんですか〜(゜o゜) 』(三五館、2006年7月、ISBN 9784883203543)
  • 『人生、やっぱり女次第 妻と再恋愛のススメ』(三五館、2010年3月、ISBN 978-4883204946)
  • 『1週間であなたは伝説になる 挨拶のバカ力(ばかぢから)!』(三五館、2016年9月、ISBN 978-4883206797)

弟子

駒平は楽屋入り以前から、世之介が出演する独演会で一席を演じることがあった。 - Twitter 2018年9月1日Goodstock通信ツイート - Twitter 2018年8月11日。

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/11/23 00:32 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「金原亭世之介」の人物情報へ