ダイアナ・ガバルドン : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > ダイアナ・ガバルドン > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

ダイアナ・ガバルドンのウィキペディア

ダイアナ・ガバルドンDiana J. Gabaldon、1952年1月11日 - )は、アメリカ合衆国の小説家。代表作は「アウトランダー」シリーズ。執筆ジャンルは、歴史・ロマンス・ミステリ・冒険・SF・ファンタジーと多岐に渡る。「アウトランダー」シリーズは、2014年にStarzで同名でテレビドラマ化された。

経歴

出生〜大学

1952年1月11日、アリゾナ州にて、メキシコ系アメリカ人の父とイングランド系アメリカ人の母の間に生まれ、フラッグスタッフで育つ。父トニー(1931年 - 1998年)は、フラッグスタッフ選出の上院議員を16年務めた人物で、後年にはココニノ郡でスーパーバイザーを務めた。

1970年から1973年にで動物学の理学士を、1973年から1975年にはカリフォルニア大学サンディエゴ校で生物海洋学の理学士を、1975年から1978年には北アリゾナ大学で行動生態学の博士号を取得した。

キャリア

1980年代には、アリゾナ州立大学の環境学センターでフルタイムの助教授を務めていたガバルドンは、計算科学とデータベースの専門家として研究をするかたわら、大学で解剖学やその他の学科の教鞭を取っていた。学術雑誌"Science Software Quarterly" のエディターも務めていた。1980年代半ばには、コンピュータ系の刊行物にソフトウェアのレビューや技術記事を書いたり、ウォルト・ディズニー・カンパニーのコミックに分かりやすい科学の記事を書いたりした。

小説家へ

1988年、ほんの練習のつもりで小説を書き始める。研究者としてリサーチがしやすく書きやすいと考え、歴史小説を書こうと決めたが、歴史も学んだことはなく、執筆に当てる時間も取れなかった。たまたま『ドクター・フー』シーズン6の"The War Games" の再放送でフレイザー・ハインズが演じるジェイミーを見て、主人公の1人ジェームズ・フレイザーのインスピレーションが湧き、18世紀半ばのスコットランドを舞台とした作品にしようと決めた。キルトを身にまとったスコットランド人男性に対抗させるキャラクターとして、イングランド人女性を登場させようとし、キャラクターの現代風の行動や態度を説明するために、タイムトラベルを使うことにした。World Wide Webが存在しない、彼女なりに調べた古風な世界観の作風となっている。

コンピュサーブの文芸フォーラムに作品の抄録を投稿したところ、SF・ミステリ作家のジョン・E・スティスがエージェントのペリー・ノウルトンに紹介してくれた。ノウルトンは、彼女の未完成の処女作に"Cross Stitch" と仮題を付け、2作を書き足して三部作にすることとなった。アメリカの出版社はタイトルを「アウトランダー」と改めたが、イギリスでは"Cross Stitch" のまま刊行された。ガバルドンによると、イギリスの出版社は"Cross Stitch" の名を気に入っていたが、アメリカの出版社はいささか装飾的すぎる、もっと冒険的なタイトルがいいとの考えから改名に至ったという。第2作目を書き終えた後、専業作家になるためにアリゾナ州立大学を辞職した。

2014年現在、アウトランダーシリーズは第8部まで刊行されているほか、スピンオフ作品も出ている。

私生活

現在は、夫と共にアリゾナ州スコッツデールに暮らしている。3人の子供は成人しており、その内の1人はファンタジー作家のサム・サイクスである。

作品リスト

アウトランダーシリーズ

20世紀の看護師クレア・ランダルが、18世紀のスコットランドにタイムトラベルし、ジェームズ・フレイザーとのロマンスや冒険が繰り広げられる。スコットランドの他に、フランス、西インド諸島、イングランド、北米も舞台となっているほか、歴史・ロマンス・ミステリ・冒険・SF・ファンタジーなど数々のジャンルにまたがっている。

日本語版はヴィレッジブックス(ソニーマガジンズ)から刊行されているが、2014年のテレビドラマ化に合わせてハヤカワ文庫から新装版が出版されている。

メインシリーズ
{|class="wikitable" style="font-size:small"

|- !#||邦題||原題||刊行年USA||刊行年月Japan||訳者||出版社 |- |rowspan="3"|1||時の旅人クレアI||rowspan="3"|Outlander||rowspan="3"|1991年||2002年1月||rowspan="3"|加藤洋子||rowspan="3"|ソニー・マガジンズヴィレッジブックスハヤカワ文庫NV |- |時の旅人クレアII||2002年2月 |- |時の旅人クレアIII||2002年3月 |- |rowspan="3"|2||ジェイミーの墓標I||rowspan="3"|Dragonfly in Amber||rowspan="3"|1992年||2003年12月||rowspan="3"|加藤洋子||rowspan="3"|ソニー・マガジンズ |- |ジェイミーの墓標II||2004年1月 |- |ジェイミーの墓標III||2004年2月 |- |rowspan="3"|3||時の彼方の再会I||rowspan="3"|Voyager||rowspan="3"|1993年||2005年1月||rowspan="3"|加藤洋子||rowspan="3"|ソニー・マガジンズ |- |時の彼方の再会II||2005年2月 |- |時の彼方の再会III||2005年3月 |- |rowspan="3"|4||妖精の丘にふたたびI||rowspan="3"|Drums of Autumn||rowspan="3"|1996年||2006年6月||rowspan="3"|加藤洋子||rowspan="3"|ソニー・マガジンズ |- |妖精の丘にふたたびII||2006年7月 |- |妖精の丘にふたたびIII||2006年8月 |- |rowspan="4"|5||燃ゆる十字架のもとにI||rowspan="4"|The Fiery Cross||rowspan="4"|2001年||2008年4月||rowspan="4"|加藤洋子||rowspan="4"|ヴィレッジブックス |- |燃ゆる十字架のもとにII||2008年5月 |- |燃ゆる十字架のもとにIII||2008年6月 |- |燃ゆる十字架のもとにIV||2008年6月 |- |rowspan="4"|6||炎の山稜を越えてI||rowspan="4"|A Breath of Snow and Ashes||rowspan="4"|2005年||2009年12月||rowspan="4"|加藤洋子||rowspan="4"|ヴィレッジブックス |- |炎の山稜を越えてII||2010年1月 |- |炎の山稜を越えてIII||2010年2月 |- |炎の山稜を越えてIV||2010年3月 |- |rowspan="3"|7||遥かなる時のこだまI||rowspan="3"|An Echo in the Bone||rowspan="3"|2009年||2012年2月||rowspan="3"|加藤洋子||rowspan="3"|ヴィレッジブックス |- |遥かなる時のこだまII||2012年3月 |- |遥かなる時のこだまIII||2012年4月 |- |8|| ||Written in My Own Heart's Blood||2014年|||||| |}

短編
{|class="wikitable" style="font-size:small"

|- !#||邦題||原題||初出年USA||刊行年月Japan||訳者||出版社||備考||出典 |- |1||風に運ばれた祈り||A Leaf on the Wind of All Hallows||2010年||2014年5月||加藤洋子||ヴィレッジブックス||『追憶の時の扉』に収録アンソロジー"Songs of Love and Death"ジョージ・R・R・マーティン、ガードナー・ドゾワ編)に収録|| |- |2||時の狭間の邂逅||The Space Between||2012年||2014年5月||加藤洋子||ヴィレッジブックス||『追憶の時の扉』に収録アンソロジー"The Mad Scientist's Guide to World Domination" に収録|| |- |3||追憶の時の扉(短編集)||A Trail of Fire||2012年||2014年5月||加藤洋子||ヴィレッジブックス||1, 2 とロード・ジョン・グレイシリーズ 7, 9 を収録イギリス、オーストラリア、ニュージーランドで2012年に刊行され、アメリカでは2014年に刊行された。|| |- |4|| ||Virgins||2013年||||||||アンソロジー"Dangerous Women" (ジョージ・R・R・マーティン、ガードナー・ドゾワ編)に収録|| |}

関連作品
  • "The Outlandish Companion" (1999) - アウトランダーシリーズのあらすじやキャラクターガイド
:* "[[:en:The Exile: An Outlander Graphic Novel|The Exile: An Outlander Graphic Novel]]" (2010) - シリーズ第1作『時の旅人クレア』のグラフィックノベル :* The Outlandish Companion, Vol. II (刊行予定)

ロード・ジョン・グレイ シリーズ

ロード・ジョン・グレイシリーズは、アウトランダーシリーズの脇役ロード・ジョン・グレイを主人公としたスピンオフ作品。1756年から1761年を舞台とした『時の彼方の再会』と同時期のグレイを描いた短編5編と長編3編がある。ジャンルが多岐に渡るアウトランダーシリーズと異なり、このシリーズは歴史ミステリがメインとなっており、長さも短めになっている。

#邦題原題初出年USA刊行年月Japan訳者出版社備考
1 Lord John and the Hellfire Club1998年
2緑のドレスの女Lord John and the Private Matter2003年2005年10月石原未奈子ソニー・マガジンズ
3 Lord John and the Succubus2003年
4死者から届いた日記Lord John and the Brotherhood of the Blade2007年2010年5月石原未奈子ヴィレッジブックス
5 Lord John and the Haunted Soldier2007年
6 Lord John and the Hand of Devils2007年1, 3, 5 を収録した短編集
7プライドと醜聞The Custom of the Army2010年2014年5月加藤洋子ヴィレッジブックス『追憶の時の扉』に収録
8ゲールの赤き火影The Scottish Prisoner2011年2013年5月加藤洋子ヴィレッジブックス
9ジョン・グレイのゾンビ殺人事件Lord John and the Plague of Zombies2011年2014年5月加藤洋子ヴィレッジブックス『追憶の時の扉』に収録

その他

  • "Humane Killer" (2009) - 息子サム・サイクスとの共著短編
  • "Phoenix Noir" (2009)
  • "Naked Came the Phoenix" (2001) -

メディアミックス

アメリカではオーディオブック化された。

2010年には、グラフィックノベル"[[:en:The Exile: An Outlander Graphic Novel|The Exile: An Outlander Graphic Novel]]" が発売された。同年、「アウトランダー」の世界観を基とした14曲収録の音楽集"[[:en:Outlander series#Outlander: The Musical|Outlander: The Musical]]" が発売された。

テレビドラマシリーズ「アウトランダー」の第一部『時の旅人クレア』に基づく第一シリーズ前半8エピソードが2014年8月9日からStarzで放送され、後半は2015年4月から放送された。日本ではHuluで提供され、AXNで放送されている。さらに、『ジェイミーの墓標』に基づく第二シリーズの製作が既に決定されている。

評価

アウトランダーシリーズの第1作『時の旅人クレア』は、1991年にが主催するリタ賞のロマンス部門を受賞した。2005年に上梓した『炎の山稜を越えて』(原題:A Breath of Snow and Ashes )で『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラー・リスト ハードカバー部門で第1位に輝いたほか、のSF・ファンタジー・ホラー部門を受賞した。2007年には、『モントリオール・ガゼット』紙が、ガバルドンの作品は24か国19か国語に訳されており、ベストセラーを次から次へと出し続けていると言及した。2012年には27か国24か国語にまで増えた。

『緑のドレスの女』(原題:Lord John and the Private Matter )は、2003年の『ニューヨーク・タイムズ』ベストセラー・リスト ハードカバー部門で第8位に、2007年には『死者から届いた日記』(原題:Lord John and the Brotherhood of the Blade )が第1位に、短編集"Lord John and the Hand of Devils" が第24位にランクインした。『ゲールの赤き火影』(原題:The Scottish Prisoner )は、2011年に電子書籍部門で第6位に、中編「ジョン・グレイのゾンビ殺人事件」(原題:Lord John and the Plague of Zombies )がアメリカ探偵作家クラブのエドガー賞 短編部門にノミネートされた。『パブリッシャー・ウィークリー』は、「ロード・ジョン・グレイ」シリーズは描写が生き生きとしていて読みやすく、それでいてエレガントで、ガバルドンの作品を読んだことのない人でも夢中になるとレビューを寄せている。

脚注
出典

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/06/27 00:41 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • ダイアナ・ガバルドン
  • ダイアナ・ガバルドンの作品
  • ダイアナ・ガバルドンの受賞歴
  • ダイアナ・ガバルドンの写真・画像
  • ダイアナ・ガバルドンの動画
  • ダイアナ・ガバルドンの関連記事
  • ダイアナ・ガバルドンのDVD
  • ダイアナ・ガバルドンのWikipedia
  • ダイアナ・ガバルドンの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi
採用情報