リチャード・フォード : ウィキペディア(Wikipedia)

リチャード・フォード(Richard Ford、1944年2月16日 - )は、アメリカ合衆国の小説家。

経歴

ミシシッピ州ジャクソン生まれ。少年期をアメリカ南部で過ごす。カリフォルニア大学アーバイン校卒業後、作家を志した頃からニューヨーク、シカゴ、メキシコなどに移り住み、その土地に根ざした作品をエスクァイア、ザ・ニューヨーカーなどに次々と発表。寡作ながら現代アメリカ文学の中核的存在となる。

日本語訳作品

単行本

  • 『ロック・スプリングズ』 高見浩訳 河出書房新社 1990年

アンソロジー所収

  • 「冬枯れ」青山南訳
    • 青山南編『世界は何回も消滅する』筑摩書房 1990年
  • 「ロック・スプリングス」青山南訳
    • 片岡義男編『アメリカ小説をどうぞ』晶文社 1990年
  • 「グッド・レイモンド」 村上春樹
    • 村上春樹編『月曜日は最悪だとみんなは言うけれど』中央公論新社 2006年
  • 「モントリオールの恋人」村上春樹訳
    • 村上春樹編『恋しくて』中央公論新社 2013年

主な受賞歴

  • 1995年 ピューリッツァー賞 フィクション部門
  • 1996年 ペン/フォークナー賞
  • 2013年 フェミナ賞 外国小説賞
  • 2016年 アストゥリアス皇太子賞 文学部門
  • 2018年 朴景利文学賞

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/06/11 04:07 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「リチャード・フォード」の人物情報へ