ガブリエレ・サルバトレス : ウィキペディア(Wikipedia)

ガブリエレ・サルヴァトレス (Gabriele Salvatores,1950年7月30日 - ) はイタリア・ナポリ出身の映画監督。

略歴

1972年にミラノで舞台監督となり、1980年代終わりまで舞台制作に携わる。1989年に映画監督としてデビューし、1991年の『エーゲ海の天使』でアカデミー外国語映画賞を受賞している。

主な監督作品

  • マラケシュ・エクスプレス Marrakech express (1989)
  • エーゲ海の天使 Mediterraneo (1991)
  • ニルヴァーナ Nirvana (1997)
  • ぼくは怖くない Io non ho paura (2003)
  • ゴッド・オブ・バイオレンス シベリアの狼たち Siberian Education (2014)
  • インビジブル・スクワッド Il Ragazzo Invisibile (2016)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/08/10 06:33 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ガブリエレ・サルバトレス」の人物情報へ