川村禾門 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 川村禾門 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

川村禾門のウィキペディア

川村 禾門(かわむら かもん、1918年1月25日 - 1999年)は日本の俳優。別名義に川村 耽平がある『日本映画人名事典 男優篇上巻』キネマ旬報社、1996年、493頁。。

東京生まれ。旧制中学卒後、日活多摩川(後に大映)入社。 1943年稲垣浩監督・阪東妻三郎主演『無法松の一生』で未亡人の息子(ぼんぼん)役で出演。同僚の女優・森下彰子と結婚、その直後の1944年7月朝鮮に出征。復員後、桜隊の一員として広島で被爆死した彰子の両親のもとを訪ね、遺骨と対面。遺族によれば一晩中遺骨の傍らで泣き明かしていたという『戦禍に生きた演劇人たち 演出家・八田元夫と「桜隊」の悲劇』講談社、2017年。後に親戚の勧めで再婚し俳優生活も再開した。彰子については長年、極限られた俳優仲間以外には話さなかったが、1993年7月、当時白井佳夫(映画評論家)が催していた『無法松の一生』の朗読再現パフォーマンスに出席した際、観客の前で積年の想いを語った『白井佳夫〈「無法松の一生」完全復元パフォーマンス〉の批判的考察』京都大学 CineMagaziNet!-no.9。晩年も映画のオーディションを受けてまわり幾本かの映画に出演している。 映画『無法松の一生』、『赤い鷹』など松竹を中心に多数の作品に出演した。

おもなフィルモグラフィ

  • 山参道(1942年、大映)
  • 無法松の一生(1943年、大映) - 吉岡敏雄 役
  • 現代人(1952年、松竹)
  • 別離(1954年、松竹) - 組合員A 役
  • 人妻椿(1956年、松竹) - 仕立家の親父 役
  • 涙(1956年、松竹) - 養子鉄治 役
  • 花ふたたび(1956年、松竹) - 西住の秘書 役
  • 続禁男の砂(1958年)※川村耽平名義
  • 彼岸花(1958年)※川村耽平名義
  • 秋日和(1960年、松竹)
  • 死闘の伝説(1963年)
  • いいかげん馬鹿(1964年、松竹)
  • なつかしい風来坊(1966年、松竹) - 林局長の秘書 役
  • 赤い鷹(1966年、松竹) - 小田留三 役
  • 宇宙大怪獣ギララ(1967年、松竹) - 変電所係員 役
  • スクラップ集団(1968年、松竹)
  • 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982年、松竹)
  • 二十世紀少年読本(1989年、CBSソニー) - ジャグラー吉田 役
  • 遥かな時代の階段を(1995年)
  • アトランタ・ブギ(1996年、アミューズ) - 篠原小三郎 役

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/02/23 21:30 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 川村禾門
  • 川村禾門の作品
  • 川村禾門の受賞歴
  • 川村禾門の写真・画像
  • 川村禾門の動画
  • 川村禾門の関連記事
  • 川村禾門のDVD
  • 川村禾門のWikipedia
  • 川村禾門の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi