五十嵐耕平 : ウィキペディア(Wikipedia)

五十嵐 耕平(いがらし こうへい、1983年 - )は、日本の映画監督。

経歴

静岡県藤枝市岡部町出身。東京造形大学にて、諏訪敦彦に師事した。在学中に手がけた『夜来風雨の声』が、2008年のシネマ・デジタル・ソウル映画祭にて韓国批評家賞を受賞した。その後、東京芸術大学大学院に進学。修了作品の『息を殺して』が、第67回ロカルノ国際映画祭にて上映された。ふみふみこの漫画を映画化したオムニバス作品『恋につきもの』では、「豆腐の家」を監督している。2017年、ダミアン・マニヴェルとの共同監督作品『泳ぎすぎた夜』が第74回ヴェネツィア国際映画祭にて上映される。

フィルモグラフィー

長編映画

  • 夜来風雨の声(2008年)
  • 恋につきもの「豆腐の家」(2014年)
  • 息を殺して(2014年)
  • 泳ぎすぎた夜(2017年)

短編映画

  • APARTNESS(2011年)

ミュージック・ビデオ

  • D.A.N.「POOL」(2015年)
  • 毛玉「バイパス」(2015年)
  • [[[Alexandros]|[Alexandros]]]「Swan」(2016年)
  • D.A.N.「Native Dancer」(2016年)

関連文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2017/07/27 21:18 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「五十嵐耕平」の人物情報へ