宮川幸三 : ウィキペディア(Wikipedia)

宮川 幸三(みやがわ こうぞう、1973年8月12日 - )は、日本の経済学者、観光学者。立正大学経済学部教授。専門は経済統計学、計量経済学、観光経済学立正大学教員情報。東京都出身。

学歴

  • 1996年 - 慶應義塾大学経済学部卒業
  • 1999年 - 慶應義塾大学経済学研究科修士課程修了
  • 2002年 - 慶應義塾大学経済学研究科後期博士課程単位取得退学

経歴

  • 1997年7月 - 2001年7月 日本開発銀行設備投資研究所 嘱託研究員
  • 1998年5月 - 2000年3月 通商産業省調査統計部統計解析課 特別研究員
  • 2007年4月 - 2015年3月 慶應義塾大学産業研究所 准教授
  • 2015年4月 - 2016年3月 立正大学経済学部経済学科 准教授
  • 2016年4月 - 立正大学経済学部経済学科 教授

著書

  • 『中国の地域産業構造分析』(共著, 慶應義塾大学出版会,2008年)
  • 『アメリカ経済センサス研究』(共著, 慶應義塾大学出版会,2008年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/01/14 01:07 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「宮川幸三」の人物情報へ