浦田直也 : ウィキペディア(Wikipedia)

浦田 直也(うらた なおや、1982年11月10日 - )は、日本の男性歌手、ダンサー、タレント。元AAAのリーダー兼メインボーカル(2005年 - 2019年)。東京都出身。身長178cm。血液型B型。エイベックス所属。

2002年、浜崎あゆみのバックダンサーとして活動を開始していた。2009年1月18日、「URATA NAOYA」という名義によるアルバム『TURN OVER』でソロデビューする。2015年、結成された「avexカレー部」の部長に就任した。ソロとしては小文字表記の「urata naoya」を使用している。

略歴

ここでは「URATA NAOYA」のソロ活動に重点を置いて説明する。AAAなどグループとしての活動は各ページを参照。

  • 3歳の頃、親戚の結婚式で吉幾三の「雪国」を歌っておひねりをもらってから歌手を目指す『ごきげんよう』フジテレビ 2007年8月27日放送。また、雪国は1番から3番までずっと1番で歌っていた。
  • エイベックスアーティストアカデミーヴォーカルコース修了。
  • オーディションに50回くらい落ちたことがある。そのうちの1つに、CHEMISTRYを輩出した『ASAYAN』の「男子ボーカリストオーディション」がある。結果は1次審査敗退であったASAYAN浜崎あゆみオーディション(2001年6月17日)
  • 2001年、浜崎あゆみの「DOME TOUR 2001」のオープニングアクトダンサーを選出するASAYAN『浜崎あゆみオーディション』に合格。合格者の中でもまとめ役にあたる6名のツアーリーダーに選ばれたASAYAN浜崎あゆみオーディション(2001年5月27日)
  • 2002年、浜崎あゆみのライブ「STADIUM TOUR 2002」のバックダンサーを務めた。また、浜崎あゆみのミュージック・ビデオ「Greatful Days」、HALCALIのミュージック・ビデオ「タンデム」に出演した『春狩デーヴィーデー (仮)』エンディングクレジット 2004年。
  • 2005年、AAAが正式に発表され、メンバーに選ばれる。メンバーの西島隆弘日高光啓末吉秀太とともに、鈴木亜美の「Eventful」のバックダンサーを務めたことがある。
  • 2006年11月14日 - 30日、西島隆弘とともに関東地区の高校5校に出向き、「『ありがとう』を伝えたい!キャンペーン」を実施する。
  • 2007年10月20日、伊藤千晃とともに出演した映画『ヒートアイランド』が公開される。タケシ役で映画初出演する。
  • 2008年4月、東北放送の番組『AAA浦田直也の「いけ!浦田直也」』の放送が始まる。
  • 2008年9月23日、AAA(トリプル・エー)主催ライブ『AAA 3rd Anniversary Live 080922-080923 日本武道館』にてソロ活動を発表するAAA、涙の3周年記念日本武道館2daysライヴ。同時に新曲「Baby Bang! feat. SPHERE」の着うたをミュゥモにて配信する。
  • 2008年12月6日、夏木マリ主催ライブ『夏木マリ Make up Live 〜one of love with Friends〜』に出演。ソロ活動で初ライブとなる。
  • 2008年12月15日、自身のブログ「Existence」を開設。本人が毎週1回更新するAAAのブログと並行して更新を続けている。
  • 2009年1月28日、ファースト・アルバム『TURN OVER』にてソロデビューする。
  • 2010年12月22日、「URATA NAOYA feat. ayumi hamasaki」名義でシングル「Dream ON」を発売する。プロデュースは浜崎あゆみ。オリコン週間シングルチャート1位獲得。
  • 2012年1月29日・2月12日、『URATA NAOYA 1st Solo Live』で自身初のソロライブを開催。
  • 2014年、自身初のソロツアー『URATA NAOYA LIVE TOUR 2014 -UNCHANGED-』を開催。
  • 2015年12月9日、初のベストアルバム『un BEST』を発売。
  • 2016年11月、Jリーグカップの決勝で自身初の国歌斉唱を行った。
  • 2019年4月19日、酒に酔った勢いで面識のない女性に対し暴行を加えたとして、警視庁に逮捕された。4月21日、釈放。同日に行われた謝罪会見にて「芸能活動を当面の間自粛する」ことを発表した。7月16日、不起訴処分となる。
  • 2019年12月31日付でグループを脱退。同日をもって謹慎処分は解除となり、以後はソロで活動する。
  • 2021年1月28日、活動再開を発表。

人物・エピソード

  • 歌唱は独特の高音域(ファルセット)の持ち主である。
  • 手先が器用であり、ネイルアートを施したり、ラインストーンを製作することができる。趣味はラインストーングッズ作り。
  • 浜崎あゆみとは「姉」「弟」と呼び合うほど親交が深い

浜崎あゆみ、AAA浦田直也との“姉弟愛”見せる「弟らぶ」

ディスコグラフィー

AAA (音楽グループ)#ディスコグラフィも参照。

アルバム

オリジナル・アルバム

# 発売日 タイトル 順位 販売形態 規格品番
1 2009年1月28日TURN OVER 71位 CD+DVDCD CTCR-14611/B(1万枚限定生産盤)CTCR-14612
2 2017年4月26日unlock 10位 CD+DVDCD
3 2018年7月25日unbreakable 23位 CD+DVDCD+DVDCD AVCD-93913/B LIVE盤AVCD-93914/B Music Video盤AVCD-93915

カバー・アルバム

# 発売日 タイトル 順位 販売形態 規格品番
1 2013年12月4日UNCHANGED 27位 CD AVCD-38744

ベスト・アルバム

# 発売日 タイトル 順位 販売形態 規格品番
1 2015年12月9日un BESTAAA、urata naoya(AAA)の作品> ORICON STYLE CD+DVDCD AVCD-93314/BAVCD-93315

シングル

# 発売日 タイトル 順位 販売形態 規格品番
1 2010年12月22日Dream ON(URATA NAOYA feat. ayumi hamasaki) 1位 CD+DVDCD AVCD-48002/B(初回盤)AVCD-48004/BAVCD-48003(初回盤)AVCD-48005
2 2014年5月7日to you DIGITAL
3 2014年10月3日Still Remember/Love Is Blind MUSIC CARDMUSIC CARD AQZ1-76504AQZ1-76505
4 2018年1月28日under the same sky DIGITAL
5 2021年3月3日いつもの、バイバイ 174位(デイリー) DIGITAL
6 2021年3月3日UNREAL? 183位(デイリー) DIGITAL

参加作品

リリース日 タイトル アーティスト 楽曲 規格品番 レーベル
2009年1月14日LUIRE presents THE PARTY オムニバスECSTASY feat. YUKALI -USK TRAK Remix- (LUIRE Exclusive) AVCD-23737 avex trax
2010年11月24日Believin'... May J.Every Single Day feat. URATA NAOYA (AAA) RZCD-46664 rhythm zone
2009年1月14日FIVE 浜崎あゆみANother Song feat.URATA NAOYA AVCD-38326/BAVCD-38327AVCD-38328 avex trax
2011年5月4日Digitalian is eating breakfast 2 小室哲哉L.W.R feat. Misako Uno, Naoya Urata(AAA) & Wataru Yoshida(Purple Days) Ayrton feat. Naoya Urata(AAA) avex trax
2012年6月13日MY LIFE INFINITY16君は僕の… welcomez URATA NAOYA from AAA UMCF-9613UMCF-1074 Far Eastern Tribe Records
2012年9月5日MENZ Collaboration 傳田真央夏の日も、冬の日も with URATA NAOYA from AAA CRCP-40326 Nippon Crown
2014年7月2日Colours 浜崎あゆみWhat is forever love AVCD-38965/BAVCD-38966/BAVCD-38967AVZ1-38968/BAVZ1-38969/B avex trax
2015年1月14日Co.Lab AZUWithout U.... Co. urata naoya from AAA BVCL-623 - 624BVCL-625 アリオラジャパン

タイアップ

起用年楽曲タイアップ先
2017年LIXIL住宅研究所「アイフルホームCMソング「ジオ・ワールド ビップ」CMソング

ライブ・コンサートツアー

AAA (音楽グループ)#ライブ/ツアーも参照。

タイトル規模・月日・会場 備考
2012年 URATA NAOYA 1st Solo Live「UN_Core」2会場3公演1月29日 東京・JZ brat Sound of TOKYO(2公演)2月12日 宮城・仙台Rensa
2014年 URATA NAOYA UNCHANGED LIVE2会場2公演1月26日 大阪・梅田クラブクアトロ2月1日 東京・代官山UNIT
2014年 URATA NAOYA LIVE TOUR 2014 -UNCHANGED-9会場9公演7月25日 新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE7月29日 群馬・高崎club FLEEZ7月31日 兵庫・神戸VARIT8月9日 広島・ナミキジャンクソン11月10日 宮城・仙台Rensa11月15日 福岡・DRUM LOGOS11月26日 愛知・名古屋クラブアロタロ11月27日 大阪・BIGCAT12月4日 東京・赤坂BILTS
2017年 urata naoya LIVE TOUR 2017 -unlock-6会場6公演5月10日 宮城・仙台イズミティ215月15日 福岡・福岡国際会議場5月17日 広島・JMSアステールプラザ11月1日 愛知・愛知県芸術劇場11月6日 大阪・NHK大阪ホール11月10日 千葉・舞浜アンフィシアター 自身初のホールツアー。
2018年-2019年 urata naoya LIVE TOUR 2018-2019 -unbreakable-5会場5公演2018年12月8日 東京・東京国際フォーラム ホールC12月9日 愛知・日本特殊陶業市民会館2019年2月9日 福岡・福岡国際会議場2月10日 大阪・NHK大阪ホール2月16日 東京・中野サンプラザ※※印は追加公演

ライブ参加

公演日程 形態 ツアータイトル 公演規模 会場
2008年12月6日 ライブイベント 夏木マリ Make up Live 〜one of love with Friends〜 1公演(ライブ自体は全4公演。) 新宿FACE
2009年1月15日 ライブイベント *Sugar Shack Live side*Full Of Harmony「BEST FEAT 9909」Release Special 1公演 SHIBUYA BOXX
2009年1月30日 ライブソロイベント SWISH vol.5 〜URATA NAOYA Release Party〜 1公演 渋谷 VUENOS
2009年2月10日 ライブイベント 1st Anniversary Goofy × LUIRE 「Tough」「LUIRE presents THE PARTY」 RELEASE PARTY 1公演 SHIBUYA NUTS
2009年2月15日 ライブイベント SWISH vol.7 1公演 渋谷 VUENOS
2009年2月22日 ライブイベント BANGIN vol.37 〜6th Anniversary Party〜 1公演 CLUB CITTA'
2010年12月31日(1月1日) ライブコンサート ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2010-2011 A 〜do it again〜 1公演 国立代々木競技場
2015年12月31日(1月1日) ライブコンサート ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2015-2016 A 〜M(A)DE IN TOKYO〜 1公演 国立代々木競技場
2018年12月31日(1月1日) ライブコンサート ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2018-2019 A -TROUBLE- 1公演 国際フォーラム・ホールA

出演

ラジオ

  • AAA浦田直也のいけ!浦田直也(2008年4月 - 2014年3月、東北放送)
    • この番組の前にイキナリ!木曜 - AAAのRadio'n Fireを2006年4月から2008年3月まで担当していた。

映画

  • ヒートアイランド(2007年10月) - タケシ 役

CM

企業名商品タイアップ共演者
セブンアンドアイイトーヨーカ堂BODY COOLER/WHITE BIZ2011年No cry No more西島隆弘日高光啓與真司郎末吉秀太
BODY HEATERCALL
BODY COOLER/WHITE BIZ2012年Still Love You
BODY COOLER/WHITE BIZ2013年PARTY IT UP
good daygood day宇野実彩子・與真司郎・伊藤千晃

参考文献

関連項目

  • エイベックス・エンタテインメント
  • AAA

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/07/01 14:53 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「浦田直也」の人物情報へ