大原まゆ : ウィキペディア(Wikipedia)

大原 まゆ(おおはら まゆ、1982年7月5日 - 2009年5月9日)は、北海道室蘭市出身の闘病記著者。北海道札幌南高等学校卒業。

概要

札幌市教育委員会に勤めていた2003年9月に右胸のしこりを発見、乳がんの宣告を受けた。翌年より闘病をつづったブログを開設し、2005年にはそれらを書籍化した『おっぱいの詩』を講談社より出版した。

2006年6月、乳がんが再発するものの、乳がんの撲滅に向け活動を行っていた。

2007年9月29日、『おっぱいの詩』が松浦雅子監督により映画化され平山あや主演で『Mayu-ココロの星-』というタイトルで公開された。同年には海里真弓より漫画化もされている。

2009年5月9日、札幌市内の病院にて亡くなった。26歳だった。

出典

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/09/21 17:19 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「大原まゆ」の人物情報へ