オリバー・ヒルシュビーゲル : ウィキペディア(Wikipedia)

オリヴァー・ヒルシュビーゲルOliver Hirschbiegel, 1957年12月29日 - )は、ドイツのハンブルク出身の映画監督である。

略歴

高校を中退して料理人として働いたときもあったが、グラフィック・アートを学ぶためにハンブルク芸術大学に通い始め、そこで映像に興味を持つようになった。1980年代にはドイツのテレビ番組を多数手がけた。

主な監督作品

  • es[エス] Das Experiment (2001年)
  • ヒトラー 〜最期の12日間〜 Der Untergang (2004年)
  • インベージョン The Invasion (2007年)
  • レクイエム Five Minutes of Heaven (2009年)
  • ダイアナ Diana (2013年)
  • ヒトラー暗殺、13分の誤算 Elser (2015年)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/04/15 15:06 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「オリバー・ヒルシュビーゲル」の人物情報へ