ハビエル・フェセル : ウィキペディア(Wikipedia)

ハビエル・フェセル・ペレス・デ・ペティント(、1964年2月15日 - )は、スペイン・マドリード出身の映画監督。2008年の『カミーノ』と2018年の『』でゴヤ賞作品賞を2度受賞している。

経歴

1964年にマドリードに生まれ、マドリード・コンプルテンセ大学でコミュニケーション学の学位を取得した。スーパー8mmフィルムで映画製作を開始し、1986年には映像製作会社のリネア・フィルムズを設立した。1992年4月にはプロデューサーのとともに映画製作会社のペリクラス・ペンデルトンを設立した。

1998年の初長編作品『ミラクル・ペティント』はファンタジー作品であり、ゴヤ賞で脚色賞にノミネートされた。2003年の『モルタデロとフィレモン』はコミックを実写映画化したコメディであり、興行的に大きな成功を収めた。2007年の短編作品『Binta y la gran idea』はアカデミー賞短編映画賞にノミネートされた。

2008年の長編第3作『カミーノ』は論争も巻き起こしたが、ゴヤ賞で作品賞・監督賞・脚本賞など6部門を受賞した。2018年には知的障碍者のバスケットボールチームをテーマとするコメディドラマ『』を監督した。この作品はゴヤ賞で作品賞など3部門を受賞し、アカデミー外国語映画賞スペイン代表作品に選ばれた。

人物

兄のはジャーナリストである。

フィルモグラフィー

  • 2018年 『』 Campeones
  • 2014年 Mortadelo and Filemon: Mission Implausible
  • 2013年 Al final todos mueren
  • 2013年 Invictus, el correo del César
  • 2008年 『カミーノ』 Camino
  • 2006年 Cándida
  • 2004年 Binta and the Great Idea
  • 2003年 『モルタデロとフィレモン』 Mortadelo & Filemon: The Big Adventure
  • 1998年 『ミラクル・ペティント』 El milagro de P. Tinto
  • 1995年 El sedcleto de la tlompeta
  • 1995年 Aquel ritmillo

受賞とノミネート

アカデミー賞
部門 作品 結果
2007 短編映画賞 Binta y la gran idea
ゴヤ賞
部門 作品 結果
2019作品賞 『』
2014脚色賞 Mortadelo y Filemón contra Jimmy el Cachondo
2014アニメ作品賞 Mortadelo y Filemón contra Jimmy el Cachondo
2009脚本賞 『カミーノ』
監督賞
作品賞
1998脚色賞 『ミラクル・ペティント』
1994短編作品賞 Aquel ritmillo
フェロス賞
部門 作品 結果
2019 コメディ作品賞 『』
スペイン映画批評家協会賞
部門 作品 結果
2014 脚色賞 Mortadelo y Filemón contra Jimmy el Cachondo
フガス賞
部門 作品 結果
2018 功労賞
2017 脚本賞 17 años juntos
プラティーノ賞
部門 作品 結果
2019 イベロアメリカ作品賞 『』
監督賞
脚本賞
教育映画賞

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/04/16 07:53 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ハビエル・フェセル」の人物情報へ