富田玲子 : ウィキペディア(Wikipedia)

富田 玲子(とみた れいこ、1938年9月24日 - )は、日本の女性建築家。象設計集団の創始者の一人。現在象設計集団東京事務所主宰。

人物

母は日本で女性初の大使でデンマーク大使を務めた高橋展子。東京に生まれ、高田馬場で育つ。戦時中埼玉県に疎開しその後東京阿佐ヶ谷で育つ。代表作のドーモアラベスカはそのときの家を改修したもの。ピアノを音楽評論家藤田晴子に師事。東京教育大学付属高校から東京大学理科2類に進学。

1961年、東京大学工学部建築学科を卒業し、大学院に進学。同年林泰義と結婚。当初吉武研究室に所属するがしばらくして丹下研究室に移籍。丹下健三とともにケヴィン・リンチの著書の翻訳を手がける。

1963年に大学院を修了し、しばらくして吉阪隆正が主宰する建築設計事務所U研究室に所属する。1965年に休職し子育てと夫の親戚の家の設計に携わった後復職。1971年から、象設計集団設立に参加。設立後は主要なプロジェクトのほとんどに主導的に関わる。

設計活動のかたわらマサチューセッツ工科大学、ペンシルベニア大学、東京大学、早稲田大学等で客員講師を務める。

代表作

初期には設立当初の沖縄の建築類には関与せず、ドーモアラベスカ、ドーモ・セラカント(現在は保養施設)、ドーモ・パレーラ、脇田邸、船曳・岸田邸などの住宅プロジェクトに主導的に関わり、1980年代から2000年ごろまでは主要なプロジェクトのほとんどに参加している。

著書

  • 都市のイメージ 共訳 岩波書店 1968年、2007年新装
  • 小さな建築 みすず書房 2007年
  • 象設計集団『空間に恋して』工作舎 2004年 ISBN 4-87502-383-9

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/08/08 14:29 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「富田玲子」の人物情報へ