大谷友右衛門(8代目) : ウィキペディア(Wikipedia)

八代目 大谷友右衛門(はちだいめ おおたに ともえもん、1949年(昭和24年)2月23日 - )は、歌舞伎役者。屋号は明石屋、定紋は丸十、替紋は水仙丸・大の字雪輪。俳名に紫道がある。

人物

四代目中村雀右衛門の長男として東京に生まれる。立教高等学校卒業。

1959年(昭和34年)2月、歌舞伎座『勧進帳』の太刀持で二代目大谷廣太郎を襲名して初舞台。

1964年(昭和39年)9月、歌舞伎座『ひと夜』で八代目大谷友右衛門を襲名。

1974年(昭和49年)、重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。

若衆や若女形役などを得意とし、中堅として活躍中。

三代目大谷廣太郎と二代目大谷廣松は子、五代目中村雀右衛門は弟である。

テレビドラマ

  • 『真田太平記』(1985年 - 1986年、NHK) - 矢沢頼康

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/11/06 13:39 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「大谷友右衛門(8代目)」の人物情報へ