鈴井亜由美 : ウィキペディア(Wikipedia)

伊藤 亜由美(いとう あゆみ)は、日本の芸能プロモーター・実業家、映画プロデューサー。CREATIVE OFFICE CUE代表取締役社長、株式会社キュー・プロダクツ代表取締役社長。北海道小樽市出身。

タレント、映画監督でCREATIVE OFFICE CUE取締役会長の鈴井貴之は元夫。この為、鈴井と結婚した1992年から離婚を公表した2017年3月までは「鈴井亜由美」で活動していた。

略歴

短大卒業後、アパレル会社で働きながら女優として札幌市にて活動する。鈴井貴之主宰の「劇団487パラシュート」、「劇団OOPARTS」に所属。映画『へのじぐち』にも出演。

また、歌手(NORTH END x AYUMI from SAPPOROのヴォーカル)として「DA.BE.SA」をリリースしている。HTBの深夜番組『モザイクな夜』、HBCの夕方ワイド番組『気になるパンプキン』などでタレント・リポーターとしてテレビ出演したこともある。

1990年代当時、北海道の舞台役者が専業で活動できる環境がなく、テレビラジオの出演をマネージメントする事務所の必要を感じ、1992年に鈴井貴之とともにCREATIVE OFFICE CUEを設立。設立当初は会社を支えるためにアルバイトをしていた。1994年に長女を出産オフィスキュー副社長の鈴井亜由美さんを迎えて - 札幌100マイル・2012年5月16日、一時産休に入るが、行きつけの美容室の紹介もあり、産後4ヶ月で劇団の稽古場と併設する形でメキシコ料理店「モッキル・デ・キキルコ」を開店。後にベトナム料理店「フーコック」などを経営する。TEAM-NACSの加入などでCREATIVE OFFICE CUEが徐々に拡大するにつれてテレビに出演する機会がなくなり、声だけテレビに出るということもあった。2000年代以降はインタビューなどに応じる機会が増えている。

2012年8月1日、CREATIVE OFFICE CUE代表取締役社長に就任することがCUE DREAM JAM-BOREE2012で発表された。

2017年3月、鈴井貴之がファンクラブ会報にて亜由美と離婚したことを報告。今後は元の姓である伊藤亜由美として活動することになっている『どうでしょう』鈴井貴之氏、昨年離婚していた 連名コメント発表 ORICON NEWS 2017年3月29日。

手がけた作品

  • 銀のエンゼル(2004年)
  • 探偵はBARにいる(2012年)
  • しあわせのパン(2012年)
  • ぶどうのなみだ(2014年)
  • そらのレストラン(2019年)
  • 母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(2019年)

テレビ出演

  • 「モザイクな夜」(HTB)
  • 「気になるパンプキン」(HTB)
  • 「水曜どうでしょう」(HTB)
  • 「ケンカの花道」(フジテレビ)
  • 「セブンルール」(関西テレビ放送)

シングル

  • 「DA.BE.SA」(NORTH END+AYUMI from SAPPORO名義)(1995年)
    「DA.YO.NE」のローカルバージョン。

著書

  • CUEのキセキ クリエイティブオフィスキューの20年(メディアファクトリー、2012年、ISBN 978-4840148627)※企画・監修

関連項目

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/12/18 13:10 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「鈴井亜由美」の人物情報へ