ピースメーカー : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > ピースメーカー > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

ピースメーカーのウィキペディア

ピースメーカー』(The Peacemaker)は、1997年製作のアメリカ映画。ジョージ・クルーニー主演。ロシアにおいて解体されるはずの核兵器がテロリストにより奪われ、それを取り返す米軍人と原子力科学者の活躍を描いた作品。

ストーリー

STARTに基づきロシアから解体される予定の核弾頭10発が盗み出され、そのうちの1発が爆発した。核爆発を確認したアメリカは、ケリー博士(ニコール・キッドマン)ら専門家を招集、統合参謀本部第2部ロシア担当情報参謀のデヴォー中佐(ジョージ・クルーニー)はウィーンで輸送に使ったトラックの足取りを掴む。目的地はコンピュータに記載された謎の記号「44E」。

その頃、ボスニアでは外交官のデューサン(マーセル・ユーレス)が国連に派遣されることが決定された。一方、監視衛星でトラックを捉えたデヴォーは核弾頭8発の回収に成功する。残りの1発はデューサンの手に渡り、外交官の荷物として無診査でニューヨークに持ち込まれた。犯行後に公表されるはずのIFOR宛てのビデオを観たケリーは、デューサンの言葉や背景から記号「44E」が緯度44度線上のサラエボではなく国連ビルのある東44丁目(マンハッタン)のことであると断定し、大統領から与えられた権限により、ニューヨークを厳戒態勢に指定、大都市ニューヨークを舞台に「核爆弾を背負ったバックパッカーを探す」と呼ばれる大捕り物を行うことに。

放射線探知機を便りにその行方を追うデヴォーとケリーは、ついにデューサンを発見する。ユーゴ紛争で故郷を破壊した「ピースメーカー」への怒りと悲しみに満ちた復讐を誓うデューサン、そしてデヴォーとケリーはニューヨークを破壊する核弾頭を持込に成功したデューサンを探し出し追い詰めるが、逮捕寸前に自殺されてしまう。

しかし、核爆弾の時限式起爆装置は作動されており、爆縮機能の一部を解除し核兵器としての機能は発揮できないようにしたが結果的に爆発させ汚い爆弾として放射性物質を拡散させてしまうことになる但し容器が爆風に耐えられるものであったならば放射性物質の拡散は起こらないがその点についての説明はない。。しかしながら、ストーリーにおいては被爆の後遺症等の問題は描写されることなく、二人の健康な姿を映し出してハッピーエンドになっている『トータル・フィアーズ』でも同様の描写がなされている。。

なお題名の「ピースメーカー」は「Peace Keeper」という言葉でもう一人の主人公であるデューサン・ガブリックにとっては、「平和を気取る偽善者」と言う意味合い(IFOR宛てのビデオメッセージ)で皮肉なレトリックとして米国自身や西側諸国を描いている。

キャスト

役名俳優日本語吹替
ソフト版 TBS版
トム・デヴォー(米陸軍中佐) ジョージ・クルーニー 小山力也
ジュリア・ケリー(原子力科学者) ニコール・キッドマン 佐々木優子 田中敦子
デューサン・ガブリック マーセル・ユーレス 山野史人 小林尚臣
アレクサンドル・コドルフ(ロシア軍将軍) アレクサンダー・バルエフ 麦人 石塚運昇
ブラド・ミリック レネ・メドヴェセク 納谷六朗 楠大典
ディミトリ(SVR幹部) アーミン・ミューラー=スタール 上田敏也 佐々木梅治
その他 手塚秀彰 たかお鷹松本保典佐藤祐四沢田敏子唐沢潤 伊藤和晃堀部隆一田原アルノ千田光男檀臣幸大滝寛柳沢栄治伊井篤史佐藤ゆうこ藤原美央子 永井誠下山吉光
演出 伊達康将 蕨南勝之
翻訳 佐藤恵子 木原たけし
調整 荒井孝
効果 リレーション
宣伝 坂本あかり
編集協力 IMAGICA秋葉武弘
制作 東北新社
初回放送 2001年3月26日 『春の特別ロードショー』

注釈

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2018/12/01 16:38 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • ピースメーカー
  • ピースメーカーの作品
  • ピースメーカーの受賞歴
  • ピースメーカーの写真・画像
  • ピースメーカーの動画
  • ピースメーカーの関連記事
  • ピースメーカーのDVD
  • ピースメーカーのWikipedia
  • ピースメーカーの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi