ウィリアム・ヘンリー : ウィキペディア(Wikipedia)

ウィリアム・ヘンリーWilliam Henry、1775年12月12日 - 1836年9月2日)はイングランドの化学者。

マンチェスターにの息子として生まれた。ヘンリーの法則の業績で有名 The Book of Manchester and Salford; for the British Medical Association. Manchester: George Falkner & Sons, 1929; pp. 34-35ブリタニカ国際大百科事典 小項目電子辞書版 (2010) 『ヘンリー(Henry, William)』、2017年7月18日閲覧。。

生涯

ヘンリーはのもとで見習いをし、後にマンチェスター病院にてジョン・フェリア()やジョン・ユイット()と働いた。 1795年からはエディンバラで医学を学び、1807年に学位を取得した。 しかし病気がちヘンリーは子供時代の怪我がもとで生涯を通じて断続的な痛みに苦しめられた。のため内科医としての経験を積むことが出来ず、その間の時間を主に化学の研究、特に気体関係の研究に充てた。 ヘンリーの最も知られている論文(フィロソフィカル・トランザクションズ、1803年出版)では、異なる温度や気圧下において水に吸収される気体の量についての実験が記述されていた。 この結果は今日ではヘンリーの法則として知られている。 ヘンリーのその他の論文では気体分析、 、灯用ガス、塩酸・アンモニアの組成、尿路結石やその他病的な結石、熱による殺菌能力といった話題について扱っていた。 ヘンリーの著した『Elements of Experimental Chemistry』(1799年)『An Epitome of Chemistry』とも。は当時相当な人気を博し、30年のうちに30刷に達した。 本書は、ドイツ語訳、オランダ語訳を通して日本にも伝わり、1837年から1847年にかけて宇田川榕菴によって『舎密開宗』として出版された。 ヘンリーは後のであるの創設者の一人であった。

1808年には栄誉あるコプリ・メダルを受賞し、1809年2月に王立協会フェローに選出された。

1836年にヘンリーはマンチェスター近郊のという町に所有していた私的礼拝堂で銃により自殺した。

注釈

出典

発展資料

  • Elwood, Willis J. & Tuxford, A. Felicité (eds.) (1984) Some Manchester Doctors: a biographical collection to mark the 150th anniversary of the Manchester Medical Society, 1834-1984. Manchester: Manchester University Press
  • Henry, William Charles (1837) A Biographical Account of the late Dr Henry. Manchester: F. Looney (Dr William Charles Henry, also known as Dr Charles Henry, was a son of William Henry; he donated the first collection of scientific books to the Owens College Library in 1851.)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/01/03 15:50 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ウィリアム・ヘンリー」の人物情報へ