田中穣 : ウィキペディア(Wikipedia)

田中 穣(たなか じょう、1925年(大正14年)3月25日 - 2005年(平成17年)4月25日)は、日本の美術評論家。

神奈川県平塚市生まれ。1949年早稲田大学文学部英文学科卒。読売新聞社入社。1959年美術記者となり、1970年から日曜版「日本の四季」の解説を担当した。1969年『藤田嗣治』で直木賞候補。1981年退社、美術評論家となる。写楽別人説では歌麿説を唱えた。

著書

  • 藤田嗣治』新潮社、1969
  • 『三岸好太郎』日動出版部、1969
  • 『佐伯祐三の死』文藝春秋、1971
  • 『写楽』新潮社、1971
  • 『日本洋画の人脈』新潮社、1972
  • 『前衛王国』新潮社、1974
  • 『近代日本画の人脈』新潮社、1975
  • 『炎の画家横山操』講談社、1976
  • 『心淋しき巨人東郷青児』新潮社、1983
  • 『現代画人伝 栄光の影』読売新聞社、1984
  • 『現代画人伝 天才奇人』読売新聞社、1985
  • 『現代画人伝 悲劇の画家』読売新聞社、1985
  • 『評伝 藤田嗣治』芸術新聞社、1988、改訂版2015
  • 『一水会五十年史』中央公論美術出版、1988
  • 『評伝奥村土牛』芸術新聞社、1989
  • 『評伝山本丘人』芸術新聞社、1991
  • 『写楽 その隠れた真相』芸術新聞社、1995
  • 『フランス印象派の旅 ルノワール、モネ、セザンヌ、ゴッホを訪ねて』日本交通公社出版事業局 JTBキャンブックス、1996
  • 『イタリアルネサンスの旅 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエッロ美術三国志』日本交通公社出版事業局 JTBキャンブックス、1996
  • 『見に行く会いに行く 全国の美術館を訪ねる旅』婦人之友社、2001(上下)、明日の友シリーズ
  • 『田中穣が見た羽仁吉一・もと子と婦人之友社100年』婦人之友社、2003
  • 『見に行く会いに行く 続』婦人の友社、2005、明日の友シリーズ
  • 『生きる描く愛する 四十二人の名画家物語』婦人之友社、2006

画集解説

  • 『現代日本の美術 杉山寧』集英社、1976 座右宝刊行会編・制作
  • 『現代日本画全集 第11巻 吉岡堅二』集英社、1982
  • 『20世紀日本の美術 アート・ギャラリー・ジャパン 東郷青児 宮本三郎』桑原住雄と責任編集、集英社、1986
  • 『中村直人の世界』小崎軍司共編、信濃毎日新聞社、1986
  • 『東山魁夷 アート・ライブラリー』芸術新聞社、1992
  • 『織田広喜 アート・ライブラリー』芸術新聞社、1993
  • 『平山郁夫 アート・ライブラリー』芸術新聞社、1994
  • 高山辰雄 アート・ライブラリー』芸術新聞社、1996

参考

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/01/07 07:22 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「田中穣」の人物情報へ