ウィリアム・A・サイター : ウィキペディア(Wikipedia)

ウィリアム・A・サイター(William A. Seiter、1890年6月10日 - 1964年7月26日)は、アメリカ合衆国の映画監督である。

経歴

ニューヨークの生まれ。Hudson River Military Academy卒業後、1915年に映画界に入り、マック・セネットのキーストン・スタジオで端役やスタントをこなしながら監督もやる。

1920年代半ばにはユニバーサル・スタジオでレジナルド・デニー主演映画のメイン監督を務める。デニーの相手役だったローラ・ラ・プラントと結婚(後に離婚しと再婚)。

トーキーの時代が来ると、RKOでお笑いの「頓珍漢コンビ(Wheeler & Woolsey)」をスターにし、また「極楽コンビ(ローレル&ハーディ)」の映画も撮った。

その長いキャリアにおいて、シャーリー・テンプルフレッド・アステアジンジャー・ロジャースヘンリー・フォンダマーガレット・サラヴァンバーバラ・スタンウィックジャック・ヘイリーディアナ・ダービンジーン・アーサージョン・ウェインフレッド・マクマレイルシル・ボールリタ・ヘイワース、マルクス兄弟といった多くのスターの映画を監督した。

1964年、心筋梗塞で死去。74歳だった。遺体はカリフォルニア州グレンデールのForest Lawn Memorial Parkに埋葬された。孫に脚本家のテッド・グリフィンがいる。

フィルモグラフィ

  • The Honeymoon Roll (1915)
  • Gold-Bricking Cupid (1915)
  • In a Pinch (1919)
  • Their Day of Rest (1919)
  • After the Bawl (1919)
  • Close to Nature (1919)
  • Honeymooning (1919)
  • Why Divorce? (1919)
  • Moving Day (1919)
  • The Little Dears (1919)
  • A Sure Cure (1919)
  • The Kentucky Colonel (1920)
  • Hearts and Masks (1921)
  • Passing Through (1921)
  • The Foolish Age (1921)
  • Eden and Return (1921)
  • Boy Crazy (film)|Boy Crazy (1922)
  • Gay and Devilish (1922)
  • The Understudy (1922)
  • Up and at 'Em (1922)
  • The Beautiful and Damned (1922)
  • When Love Comes (1922)
  • Bell Boy 13 (1923)
  • Little Church Around the Corner (1923)
  • Daddies (1924)
  • The White Sin (1924)
  • His Forgotten Wife (1924)
  • Listen Lester (1924)
  • The Family Secret (1924)
  • Helen's Babies (1924)
  • The Fast Worker (1924)
  • The Mad Whirl (1925)
  • Dangerous Innocence (1925)
  • The Teaser (1925)
  • Where Was I? (1925)
  • ジョーンズの大事件 What Happened to Jones (1926)
  • スキナーの夜会服 Skinner's Dress Suit (1926)
  • 泰山鳴動鼠一匹 Rolling Home (1926)
  • Take It from Me (1926)
  • 愉快な嘘つき The Cheerful Fraud (1926)
  • Out All Night (1927)
  • 独身者御発展 The Small Bachelor (1927)
  • 南京豆小僧大成功 Thanks for the Buggy Ride (1928)
  • 幸運デニー Good Morning, Judge (1928)
  • 乙女よ純なれ Happiness Ahead (1928)
  • Waterfront (1928)
  • 艶文争奪戦『朝日新聞』1928年10月31日夕刊 Outcast (1928)
  • Synthetic Wife (1929)
  • 気まぐれ女優 Synthetic Sin (1929)
  • 踊る青春 Why Be Good? (1929)
  • Prisoners (1929)
  • 恋の走馬燈 Smiling Irish Eyes (1929)
  • 君知るやわが悩み Footlights and Fools (1929)
  • The Love Racket (1929)
  • Strictly Modern (1930)
  • The Flirting Widow (1930)
  • Back Pay (1930)
  • The Truth About Youth (1930)
  • 便利な結婚 Sunny (1930)
  • Going Wild (1930)
  • Full of Notions (1931)
  • L'aviateur (1931)
  • 連隊の花形 Kiss Me Again (1931)
  • 繁昌娘 Big Business Girl (1931)
  • Too Many Cooks (1931)
  • 頓珍漢丸儲け Caught Plastered (1931)
  • Way Back Home (1931)
  • Peach O'Reno (1931)
  • 頓珍漢嫁探し Girl Crazy (1932)
  • Young Bride (1932)
  • 人間の横道 Is My Face Red? (1932)
  • 七月の肌着 Hot Saturday (1932)
  • 百万円貰ったら If I Had a Million (1932)
  • ふるさとの唄 Hello, Everybody! (1933)
  • 頓珍漢外交ゼネバ行 Diplomaniacs (1933)
  • Professional Sweetheart (1933)
  • Rafter Romance (1933)
  • 彼女の戦術 Chance at Heaven (1933)
  • 極楽発展倶楽部 Sons of the Desert (1933)
  • Sing and Like It (1934)
  • Love Birds (1934)
  • We're Rich Again (1934)
  • 世界一の金持ち娘 The Richest Girl in the World (1934)
  • ロバータ Roberta (1935)
  • The Daring Young Man (1935)
  • Orchids to You (1935)
  • 本人出現 In Person (1935)
  • 夢の並木路 If You Could Only Cook (1935)
  • 月は我が家 The Moon's Our Home (1936)
  • 死刑か無罪か The Case Against Mrs. Ames (1936)
  • テンプルちゃんのえくぼ Dimples (1936)
  • テンプルちゃんの上海脱出 Stowaway (1936)
  • This Is My Affair (1937)
  • 靴を脱いだ女 The Life of the Party (1937)
  • 大学3人男 Life Begins in College (1937)
  • Sally, Irene and Mary (1938)
  • Three Blind Mice (1938)
  • ルーム・サーヴィス Room Service (1938)
  • Thanks for Everything (1938)
  • Susannah of the Mounties (1939)
  • アリゲニー高原の暴動 Allegheny Uprising (1939)
  • ホノルル航路 It's a Date (1940)
  • Hired Wife (1940)
  • Nice Girl? (1941)
  • 新婚第一歩 Appointment for Love (1941)
  • Broadway (1942)
  • 晴れて今宵は You Were Never Lovelier (1942)
  • 駆逐艦ジョーンズ Destroyer (1943)
  • 西部を駆ける恋 A Lady Takes a Chance (1943)
  • Four Jills in a Jeep (1944)
  • Belle of the Yukon (1944)
  • It's a Pleasure (1945)
  • 失恋4人男 The Affairs of Susan (1945)
  • That Night with You (1945)
  • Little Giant (1946)
  • Lover Come Back (1946)
  • 私はあなたのもの I'll Be Yours (1947)
  • Up in Central Park (1948)
  • ヴィナスの接吻 One Touch of Venus (1948)
  • Gems of Song (1949)
  • ボーダーライン Borderline (1950)
  • Dear Brat (1951)
  • The Lady Wants Mink (1953)
  • Champ for a Day (1953)
  • Make Haste to Live (1954)

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/08/15 09:55 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ウィリアム・A・サイター」の人物情報へ