鈴木三重子 : ウィキペディア(Wikipedia)

ホーム > 俳優・監督 > 鈴木三重子 > ウィキペディア(Wikipedia)
メニュー

鈴木三重子のウィキペディア

鈴木 三重子(すずき みえこ、1931年11月24日 - 1987年3月12日)は福島県出身の歌手である。本名:菊池 ミヘ子

経歴

父は民謡歌手の鈴木正夫(三女)。1954年、「籠の鳥エレジー」でテイチクよりレコードデビュー。 1956年、「愛ちゃんはお嫁に」の大ヒットで「愛ちゃん」ブームを引き起こす。 1958年には、藤山愛一郎や山野愛子と共に愛ちゃんの会を結成する。 その後は巡業などを中心に活動を行う。

1980年、病(静脈瘤の手術)のため歌手活動を引退。

1987年3月12日、肝硬変のため都内の病院で死去。。同3月15日、東京都渋谷区の代々木八幡葬祭場で葬儀・告別式が営まれた。

ペギー葉山がカバーしたことで一躍著名となった「南国土佐を後にして」を1955年にレコードに吹き込んでいる。

現在、実弟が二代目鈴木正夫(1937年11月8日‐)として活躍中。

NHK紅白歌合戦出場歴

  • 第7回 (1956年12月31日、東京宝塚劇場) 『愛ちゃんはお嫁に』
  • 第8回 (1957年12月31日、東京宝塚劇場) 『坊や船頭さん』
    • 第7回と第8回の両方とも、三重子の歌のラジオ中継の音声が現存する。
    • 第8回は三重子の歌唱中の写真も現存する『紅白歌合戦アルバム NHK20回放送のあゆみ』(デイリースポーツ社、1970年)。

代表曲

  • 籠の鳥エレジー
  • 南国土佐を後にして
  • 浮草小唄
  • ほろ酔ユンタ
  • むすめ巡礼
  • 愛ちゃんはお嫁に
  • 兄さは東京で嫁もろた
  • 潮来恋唄
  • 小島の灯台娘
  • 背戸の踊り子
  • 相馬盆唄

出演映画

  • 南蛮寺の佝楼男(1957年) - 座員・三重子役
  • 喜劇 団体列車(1967年) - 三重子役

関連項目

  • そう言えば あの時このうた

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2016/11/10 20:16 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

  • 鈴木三重子
  • 鈴木三重子の作品
  • 鈴木三重子の受賞歴
  • 鈴木三重子の写真・画像
  • 鈴木三重子の動画
  • 鈴木三重子の関連記事
  • 鈴木三重子のDVD
  • 鈴木三重子のWikipedia
  • 鈴木三重子の密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi
採用情報