関田裕 : ウィキペディア(Wikipedia)

関田 裕(せきた ひろし、1932年11月17日 - )は、日本の元俳優、スーツアクター。東京都世田谷区出身。日本学園高等学校卒。趣味・特技は水泳と柔道で、空手(二段)の有段者である。

人物

日活を経て、東宝の専属俳優となる。大部屋俳優であったが、1960年代後半の東宝怪獣映画で怪獣のスーツアクターを務めた。

1967年公開の『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』では、大仲清治の代理でゴジラを演じた。

出演作

映画

  • 名寄岩 涙の敢斗賞(1956年) - 少年時代の名寄岩
  • 狂った果実(1956年)
  • 暁の逃亡(1956年) - 乾分
  • 青い怒涛(1956年) - 辰夫
  • 若い恋人たち(1959年) - 板倉
  • 僕は独身社員(1960年) - 同盟石油社員
  • サラリーマン出世太閤記・完結篇 花婿部長No.1(1960年) - 脇坂
  • ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐(1960年) - 士官搭乗官
  • 大坂城物語(1961年)
  • 情無用の罠(1961年) - 白バイの警官
  • 南の風と波(1961年) - 洋介
  • 別れて生きるときも(1961年) - 南北社の男
  • 続サラリーマン弥次喜多道中(1961年) - 組合員
  • モスラ(1961年) - 豪華客船オリオン丸操舵士
  • 世界大戦争(1961年) - テレビの歌手
  • 女の座(1962年) - 小宮
  • 女性自身(1962年) - 社員
  • 日本一の若大将(1962年) - 鹿野
  • 香港の星(1962年) - 町田
  • サラリーマン権三と助十 恋愛交叉点(1962年) - 久保
  • 暗黒街の牙(1962年) - 警官
  • にっぽん実話時代(1963年) - やくざ
  • 青島要塞爆撃命令(1963年) - 補給隊隊員
  • ハワイの若大将(1963年) - 田坂
  • 今日もわれ大空にあり(1964年) - パイロット
  • ゴジラシリーズ
    • モスラ対ゴジラ(1964年) - 原住民(インファント島)、名古屋の通行人、浜風ホテルの客
    • ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘(1966年) - エビラ
    • 怪獣島の決戦 ゴジラの息子(1967年) - ゴジラ
    • 怪獣総進撃(1968年) - 病院の医師、アンギラス、ゴロザウルス
  • 君も出世ができる(1964年) - お茶漬け屋の客
  • 無責任遊侠伝(1964年) - 麻雀の相手
  • がらくた(1964年) - 嘉吉
  • ホラ吹き太閤記(1964年) - 織田家の武将
  • 空想天国(1964年) - 剣道場の男
  • 侍(1965年) - 浪士
  • 戦場にながれる歌(1965年) - 兵長
  • 悪の階段(1965年) - 亜東化学宿直員
  • 100発100中(1965年) - 赤月の子分
  • クレージーの無責任清水港(1966年) - 関東綱五郎
  • クレージーだよ 奇想天外(1966年) - 国会の警備員
  • フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ(1966年) - サンダ、ビアガーデンの客
  • あこがれ(1966年) - 修善寺番頭
  • クレージーだよ天下無敵(1967年) - 万能ロボット、ニュースカメラマン
  • 殺人狂時代(1967年) - 酒場の客
  • キングコングの逆襲(1967年) - メカニコング、ゴロザウルス、警備本部員
  • 日本のいちばん長い日(1967年) - 神野少佐(東部軍参謀)
  • ドリフターズですよ!前進前進また前進(1967年) - 秘書
  • さらばモスクワ愚連隊(1968年) - ブルーデュークスのメンバー
  • 斬る(1968年) - 家臣
  • 連合艦隊司令長官 山本五十六(1968年) - 南雲機動部隊参謀
  • 狙撃(1968年) - 税関係
  • 愛のきずな(1969年) - 入学式の警官
  • 死ぬにはまだ早い(1969年) - 警察官
  • 緯度0大作戦(1969年) - 海洋観測船船員、コウモリ人間

テレビ

  • ウルトラQ(1966年)
    • 第1話「ゴメスを倒せ!」 - 東海弾丸道路作業員
    • 第17話「1/8計画」 - 1/8計画係員
  • 怪奇大作戦 第14話「オヤスミナサイ」(1968年) - 解剖医師

注釈

出典

参考文献

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/08/03 23:56 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「関田裕」の人物情報へ