鈴木寛 : ウィキペディア(Wikipedia)

鈴木 寛(すずき ひろし、1973年12月13日 - )は、北海道瀬棚郡今金町出身の日本のボブスレー選手である。北野建設所属。女子の桧野真奈美とともに日本ボブスレー界をリードしている。

来歴

今金中学校では陸上競技の選手として三種競技道大会優勝。室蘭大谷高校では野球部に所属、外野手として道大会準優勝を経験。

仙台大学進学後にボブスレーを始め、在学中に1994年リレハンメルオリンピック出場。

卒業後はグローバリーに就職。長野・ソルトレークシティオリンピックに連続出場。日本ボブスレー界で常にトップを走っていた。

だが、2005年に所属先の不祥事の影響で選手活動がままならなくなり、2006年トリノオリンピック出場を逃した。

その後、マネックス証券を経て、現在の北野建設に移籍。

2010年バンクーバーオリンピックで2大会ぶり4度目の五輪出場権を獲得した。

全日本ボブスレー選手権大会では優勝10回、2003年から8連覇中。

関連項目

  • 北海道出身の人物一覧
  • 1994年リレハンメルオリンピックの日本選手団
  • 1998年長野オリンピックの日本選手団
  • 2002年ソルトレークシティオリンピックの日本選手団
  • 2010年バンクーバーオリンピックの日本選手団

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/08/13 02:41 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「鈴木寛」の人物情報へ