三遊亭小金馬 : ウィキペディア(Wikipedia)

三遊亭 小金馬(さんゆうてい こきんば)は、落語家の名跡。

当代は落語協会のHPでは三代目とされているが、。詳細不明の落語家も含め、小金馬を名乗った人物を年代順に列記する。

  • 三遊亭小金馬 - 後∶柳家金語楼
  • 三遊亭小金馬 - 後∶七代目雷門助六
  • 、詳細は明らかになっていない。
  • 三遊亭小金馬 - 後∶柳家金重楼
  • 三遊亭小金馬 - 後∶二代目三遊亭金翁
  • 三代目三遊亭小金馬 - 本項にて詳述

三代目 三遊亭 小金馬(さんゆうてい こきんば、1949年9月22日 - 2018年10月1日)は、京都府出身の落語家。落語協会所属。本名∶梅本 勝久。出囃子は『都囃子』。

経歴

1968年9月、四代目三遊亭金馬に入門。高座名は勝馬

1973年9月に春風亭一朝、柳家せん八と共に二ツ目昇進。

1982年12月に初代古今亭志ん五、七代目三遊亭圓好、四代目吉原朝馬、春風亭一朝、三代目三遊亭小金馬、柳家せん八、六代目古今亭志ん橋、立川談生、立川左談次、六代目立川ぜん馬で真打昇進、三代目三遊亭小金馬を襲名。

2018年10月1日、東京都内の自宅で死去。。

芸歴

  • 1968年9月∶四代目三遊亭金馬に入門、前座名「勝馬」。
  • 1973年9月∶二ツ目昇進。
  • 1982年12月∶真打昇進、三代目三遊亭小金馬を襲名。

人物

趣味は都々逸と川柳、短歌。

高校時代には水泳自由形でインターハイに出場した。芸能人水泳大会で、トップスターの西城秀樹を差し置いて1位を取ったこともあるという。

柳家小袁治、林家ぎん平、春風亭一朝、林家とんでん平、柳家福治と共に勉強会「あやめ寄席」メンバーだった。

弟子

  • 四代目三遊亭金朝

テレビドラマ

  • 火曜サスペンス劇場「女検事・霞夕子 予期せぬ殺人」(1985年、日本テレビ)
  • 月曜・女のサスペンス 夏樹静子トラベルサスペンス「青函特急から消えた男 仙台・青森・札幌 女ふたり連続殺人行」(1988年、TX) - 車掌 役

注釈

出典

参考文献

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社、ISBN 458212612X

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/09/12 11:59 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「三遊亭小金馬」の人物情報へ