高村倉太郎 : ウィキペディア(Wikipedia)

高村 倉太郎(たかむら くらたろう、1921年 - 2005年11月21日)は、日本の映画撮影監督。日本映画撮影監督協会名誉会長。

1939年、松竹大船撮影所文化映画部に撮影助手として入所。1948年、「恋愛三羽烏」(中村登監督)の撮影監督に抜擢される。1954年、日活に移籍。以後も「俺は待ってるぜ」、「幕末太陽傳」、「ギターを持った渡り鳥」、「一杯のかけそば」など娯楽作品を中心に計約140本撮影。日本映画黄金期を支えた。

日活がロマンポルノ路線に転じた後も、同社に留まり生涯を日活所属で貫いた。

日活芸術学院の学院長、専任講師を務めるなど後進の指導にも尽くした。

2005年11月21日、慢性心不全のため死去。享年84。

主な撮影作品

劇場作品

  • 恋愛三羽烏(1948年)
  • 真実一路(1954年)
  • 孤獨の人(1957年)
  • 俺は待ってるぜ(1957年)
  • 幕末太陽傳(1957年)
  • 錆びたナイフ(1958年)
  • 渡り鳥シリーズ
  • 紅の流れ星(1967年)
  • 百万人の大合唱(1972年)
  • 一杯のかけそば(1992年)

テレビ作品

  • 大江戸捜査網(12CH)
  • 電撃!!ストラダ5(NET)
  • 大都会 闘いの日々(NTV)
  • 探偵物語(NTV)

文献

  • 撮影監督 高村倉太郎(ワイズ出版・2005年12月)ISBN 4898301908

著書

  • 世界映画大事典(監修=岩本憲児・高村倉太郎、編集=岩本憲児・奥村賢・佐崎順昭・宮澤誠一、日本図書センター、2008年7月)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/02/04 03:05 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「高村倉太郎」の人物情報へ