金子正且 : ウィキペディア(Wikipedia)

金子 正且(かねこ まさかつ、1918年6月7日 - 2007年11月21日)は、日本の映画プロデューサー。群馬県出身。

作品

1946年に京都帝国大学卒業と同時に東宝撮影所へ入社。戦争中は一度退社し、宇部興産に勤務する。戦後再び東宝に入社するが、東宝争議で藤本真澄とともに再び退社し、藤本プロを経て1957年に東宝へ契約者として三たび入社し、並木透の名前で原作や脚本を手掛けた。しかし藤本の死で独立し、銀座の名画座「並木座」の代表取締役、ヨコハマ映画祭の審査委員長を務めた。

経歴

  • プーサン
  • 妻の心
  • 結婚のすべて
  • 小早川家の秋
  • 江分利満氏の優雅な生活(1963年)
  • けものみち(1965年)
  • 女の中にいる他人(1966年)
  • 伊豆の踊子(1967年)
  • なつかしき笛や太鼓
  • 乱れ雲
  • あにいもうと
  • 続・何処へ

出典・参考文献

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/07/29 13:17 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「金子正且」の人物情報へ