後藤由多加 : ウィキペディア(Wikipedia)

後藤 由多加(ごとう ゆたか、1949年『SPA!』 1991年3月6日号、p.80-83 秋元康の「社長」になった「少年」3月28日「現代日本人名録’98」 (日外アソシエーツ、’96.8時点のデータ) - )は、日本の実業家。本名は後藤 豊。兵庫県出身。

来歴

早稲田大学商学部(1974年に中退)では、「早稲田大学企画構成研究会」に所属。在学中の1971年にユイ音楽工房(現:ユイミュージック)を、翌1972年にユイ音楽出版を設立。吉田拓郎、かぐや姫、長渕剛ら、そして1980年代には中原めいこやBOØWYらを手がけ、社長を務める第12回 「インディーズ創世記」 JASRAC寄附講座 「音楽文化・産業論 2008 Ⅰ」 2008年7月5日。

1975年、井上陽水泉谷しげる小室等、吉田拓郎らと共にフォーライフ・レコードを設立し、副社長に就任。1982年からは3代目社長を務めた。

その後継として2002年に設立されたレコード会社、フォーライフミュージックエンタテイメントの社長を務めている新商品取り扱い開始のお知らせ 株式会社エムアップ m-up, Inc. 2012年11月28日。

日本レコード協会副会長や音楽出版協会理事などを歴任し、2011年6月には音楽産業・文化振興財団(PROMIC)理事長に就任したPROMIC、新理事長に後藤由多加氏が就任 Musicman-NET、2011年6月6日。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2016/06/21 03:16 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「後藤由多加」の人物情報へ