宮島秀司 : ウィキペディア(Wikipedia)

宮島 秀司(みやじま ひでし、1954年2月28日 - )は東京都築地生まれの日本の映画プロデューサーである。三桂所属。

略歴

慶應義塾大学卒業後、松竹に入社して、映画プロデューサーとして活躍する。数年後、松竹を退社しフリーとして独立。

『天城越え』、『お月様へようこそ』、『世にも奇妙な物語』、『ほんとにあった怖い話』、『ギミア・ぶれいく』など、映画・舞台・テレビ番組のプロデュースを輩出。

1989年~1993年に放送の映画番組『水曜ロードショー』の末期では、映画解説もしていた。

1994年に、ザ・ヴォイス・プロジェクトを設立し、同社の代表取締役社長に就任。

1999年から、松竹に復職し、映画企画部の部長を務めている。

作品

  • ベッドタイムアイズ
  • 天城越え
  • 薄化粧
  • 十手舞
  • 私をスキーに連れてって
  • 木村家の人々
  • バカヤロー! 私、怒ってます
  • バカヤロー!2 幸せになりたい。
  • タスマニア物語
  • ゲレンデがとけるほど恋したい。
  • 未来日記(映画版)
  • 連弾
  • アナザヘヴン(映画版)
  • 天国の本屋〜恋火
  • 壬生義士伝
  • CASSHERN
  • 恋するヴァンパイア

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2019/05/03 10:31 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「宮島秀司」の人物情報へ