キャサリン・マーティン : ウィキペディア(Wikipedia)

キャサリン・マーティン(Catherine Martin、1965年1月26日 - )は、オーストラリア・シドニー出身の映画衣裳デザイナー、プロダクションデザイナーである。

略歴

オーストラリア国立演劇学院で芸術を学び、そこで後に映画監督となるバズ・ラーマンと出会い、彼の作品のプロダクションデザインを手がけるようになる。二人は1997年に結婚し、子供が二人いる。

共に夫が監督を務めた2001年の『ムーラン・ルージュ』、2013年の『華麗なるギャツビー』で2度、アカデミー衣裳デザイン賞を受賞。2003年、ブロードウェイの舞台 La Boheme のプロダクション・デザインでトニー賞を受賞した。

フィルモグラフィ

  • ダンシング・ヒーロー Strictly Ballroom (1992) プロダクションデザイン
  • ロミオ+ジュリエット Romeo + Juliet (1996) プロダクションデザイン
  • ムーラン・ルージュ Moulin Rouge! (2001) プロダクションデザイン・衣裳
  • オーストラリア Australia (2008) プロダクションデザイン・衣裳
  • 華麗なるギャツビー The Great Gatsby (2013) プロダクションデザイン・衣裳・製作
  • ゲットダウン The Get Down (2016-2017) 衣裳・製作総指揮

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/07/24 02:26 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「キャサリン・マーティン」の人物情報へ