ジョン・サーティース : ウィキペディア(Wikipedia)

ジョン・サーティースJohn Surtees, CBE 1934年2月11日 - 2017年3月10日)は、イギリス(イングランド)出身のレーシングドライバー。2輪(モーターサイクル)のロードレース世界選手権(WGP)と、4輪のフォーミュラ1(F1)の両方で世界チャンピオンになった唯一のレーサーである(2017年現在)。「ビッグ・ジョン」「怖いもの無しのジョン」の異名を取る。日本では「ホンダF1」草創期にドライバーを務めた。

2輪での経歴

サーティースのレース歴は、父親が操縦するサイドカーのパッセンジャー(助手)役からスタートしたと言われる。やがてソロ(サイドカーなしの2輪車)に転向。ビンセントでの活動を経てノートンに移籍し、10代でWGPに進出する。

1956年には母国のノートンからイタリアのMVアグスタに移籍しWGPに参戦。350ccクラスで1958年から1960年まで、最高峰の500ccクラスで1956年と1958年から1960年までチャンピオンになり、WGPで計7つの世界タイトルを獲得している。

イタリア語を習得したサーティースは、「イル・グランデ・ジョン」と呼ばれ人気を博した。

4輪での経歴

1950年代には2輪で無敵といえる活躍をしたものの、20代半ばの若さで4輪に転向する。1960年からはロータスでF1にレギュラードライバーとして参戦。しかし、同じチームにジム・クラークがいたことから、1961年にはヨーマン・レーシングへ移籍し、プライベーターとして健闘した。

1963年にフェラーリ入りし、技術者的センスを活かしてマシンの開発に貢献。ドイツGPでF1初勝利を挙げる(チームにとって1年半ぶりの勝利でもあった)。

1964年もフェラーリからF1に出場し、同じイギリス人のクラークやグラハム・ヒルと激しい争いを繰り広げ、F1世界チャンピオンの座に着いた。最終戦の残り2周でクラークがマシントラブルに見舞われるという幸運もあり、ワールドタイトル獲得は劇的なものになった(2位ヒルとのポイント差は僅か1点)。勇敢なサーティースはフェラーリの総帥エンツォ・フェラーリに気に入られたが、チーム内のイタリア国粋勢力に疎まれ孤立することになったと言われる。

1965年はF1のチャンピオン防衛に失敗し、北米のスポーツカーレースに参戦中に骨折する。

1966年のベルギーGPで勝利した直後ル・マン24時間レースに参加したが、予選前にドライバーのエントリーをめぐってチーム監督のエウジェニオ・ドラゴーニと衝突し、そのままフェラーリを去ることになった『スクーデリア・フェラーリ 1947 - 1997 50年全記録』(ソニー・マガジンズ、1998年)p.66。。この年から開幕した北米のカナディアン-アメリカン・チャレンジカップ (Can-Am) では、ローラのマシンを駆って初代チャンピオンを獲得した。

1967年からはホンダF1に移籍。マシンのエンジンは強力だが車体が重いため、ローラとホンダとの仲介役になり、1967年シーズン途中でローラのシャシーにホンダのエンジンを積んだホンダ・RA300(通称「ホンドーラ」)が製作された。サーティースは1967年のイタリアGPでRA300に乗り、ホンダ第1期F1活動の最後の1勝を挙げた。

1970年に自分のF1チームサーティースを立ち上げオーナードライバーとして参戦したが、1970年代前半にドライバー業はほぼ引退した。チーム・サーティースも1978年をもってF1から撤退した。

引退後

レース引退後はホンダ車の販売ディーラーを経営していた時期もある。

2003年にはMotoGP殿堂入りを果たした。

運転技術が高いこととメカニズムに精通していることが買われ、クラシックマシンのイベントで往年の名車のライダー/ドライバーに起用されることが多い。サーティース自身がクラシックマシンの愛好家でもあり、自ら整備したビンセントなどに乗りクラシックイベントに積極的に参加している。欧米のイベントだけではなく、日本のクラシックイベントにも度々参加している。

2008年には、新たにロードレース世界選手権・GP125クラスへの参入を目指すチームとして「マクストラ・レーシング」(Maxtra Racing)を設立した。マシンは中国のグラン・リバー・グループ(大長江)が製造する豪爵(HAOJUE)を用い、スタッフには元スズキのMotoGPチームでマネージャーを務めたギャリー・テイラー、アプリリアでMotoGPレーサーの開発を手がけたヤン・ウイットーベンなどを集め、2009年よりGP125クラスに参戦。当初は3年計画で参戦を進めるとしていたマクストラ・レーシング、上海でプロジェクト発表 - motogp.com・2008年5月2日トランスワールドスポーツ(GAORA)・第813回(2009年1月15日放送分)。

同チームは2009年の開幕直前にチーム名を「Haojue Racing」と改めたが、マシンはメカニカルトラブル続きで実戦では予選通過すらままならない状況となり、同年の第4戦を最後にレースを欠場。ライダーも他チームに移籍してしまったほかM.ランセンデール、新規参戦チームから移籍 - motogp.com・2009年7月8日、既に公式Webサイトも閉鎖されており(2010年現在、公式サイトのドメイン自体が別の企業に取得されている)、参戦再開の見込みはほぼないものと見られている。

長男のヘンリー・サーティースもレーシングドライバーになり、国際自動車連盟(FIA)のF2選手権に参戦していたが、2009年7月19日にブランズハッチで開催されたレースで外れたタイヤが頭部を直撃するというアクシデントにより、わずか18歳で事故死した。

2017年2月から呼吸器疾患のため入院していたが、同年3月10日に亡くなった。

レース戦績

ロードレース世界選手権

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位
ポイント 8 6 4 3 2 1
クラス チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ポイント ランク 勝利数
1952年 500cc ノートン SUI IOM NED BEL GER ULS5 NAT ESP 1 18位 0
1953年 125cc EMC IOMDNS NED GER ULS NAT ESP 0 - 0
350cc ノートン IOMDNS NED BEL GER FRA ULS SUI NAT 0 - 0
500cc IOMDNS NED BEL GER FRA ULS SUI NAT ESP 0 - 0
1954年 350cc FRA IOM11 ULSRet BEL NED GER SUI NAT ESP 0 - 0
500cc FRA IOM15 ULS5† BEL NED GER SUI NAT ESP 0 - 0
1955年 250cc NSU FRA IOM GERRet NED ULS1 NAT 8 7位 1
350cc ノートン IOM4 GER3 BEL NED ULS3 NAT 11 6位 0
500cc ESP FRA IOM29 BEL NED ULS NAT 0 - 0
BMW GERRet
1956年 350cc MVアグスタ 1956年のマン島TTレース|DSQ NED2 BEL1 GERRet ULS NAT 14 4位 1
500cc IOM1 NED1 BEL1 GER ULS NAT 24 1位 3
1957年 350cc GERRet IOM4 NEDRet BELRet ULSRet NATRet 3 10位 0
500cc GERRet IOM2 NED1 BELRet ULSRet NAT4 17 3位 1
1958年 350cc IOM1 NED1 BEL1 GER1 SWE ULS1 NAT1 48 1位 6
500cc IOM1 NED1 BEL1 GER1 SWE ULS1 NAT1 48 1位 6
1959年 350cc FRA1 IOM1 GER1 SWE1 ULS1 NAT1 48 1位 6
500cc FRA1 IOM1 GER1 NED1 BEL1 ULS1 NAT1 56 1位 7
1960年 350cc FRA3 IOM2 NED1 ULS1 NATRet 26 1位 2
500cc FRA1 IOM1 NEDRet BEL1 GER1 ULS2 NAT1 46 1位 5
  • 太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。(key)
  • † : 悪天候のためレースが短縮となり、走行距離が規定に満たずポイント対象外となった。

F1

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ポイント
1960年 ロータス 18 クライマックス FPF 2.5 L4 ARG MONRet 500 NED BEL FRA GBR2 'POR'Ret ITA USARet 14位 6
1961年 ヨーマン・クレジット (クーパー) T53 MON11 NED7 BEL5 FRARet GBRRet GER5 ITARet USARet 12位 4
1962年 ボウメイカー・ヨーマン (ローラ) Mk4 クライマックス FWMV 1.5 V8 NEDRet MON4 BEL5 FRA5 GBR2 GER2 USARet RSARet 4位 19
Mk4A ITARet
1963年 フェラーリ 156 フェラーリ 178 1.5 V6 MON4 BELRet NED3 FRARet GBR2 GER1 ITARet USARet 1963年メキシコグランプリ|DSQ RSARet 4位 22
1964年 158 フェラーリ 205B 1.5 V8 MONRet NED2 BELRet FRARet GBR3 'GER'1 AUTRet 'ITA'1 1位 40
ノース・アメリカン (フェラーリ) USA2 MEX2
1965年 フェラーリ RSA2 MON4 BELRet FRA3 5位 17
1512 フェラーリ 207 1.5 F12 GBR3 NED7 GERRet ITARet USA MEX
1966年 312/66 フェラーリ 218 3.0 V12 MONRet 'BEL'1 2位 28
クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0 V12 FRARet GBRRet NEDRet GER2 ITARet USA3 MEX1
1967年 ホンダ RA273 ホンダ RA273E 3.0 V12 RSA3 MONRet NEDRet BELRet FRA GBR6 GER4 CAN 4位 20
RA300 ITA1 USARet MEX4
1968年 RSA8 7位 12
RA301 ホンダ RA301E 3.0 V12 ESPRet MONRet BELRet NEDRet FRA2 GBR5 GERRet ITARet CANRet USA3 MEXRet
1969年 オーウェン (BRM) P138 BRM P101 3.0 V12 RSARet 11位 6
BRM P142 3.0 V12 ESP5 MONRet NED9 FRA
P139 GBRRet GERDNS ITANC CANRet USA3 MEXRet
1970年 サーティース (マクラーレン) M7C フォード・コスワース DFV 3.0 V8 RSARet ESPRet MONRet BEL NED6 FRA 18位 3
サーティース TS7 GBRRet GER9 AUTRet ITARet CAN5 USARet MEX8
1971年 TS9 RSARet ESP11 MON7 NED5 FRA8 GBR6 GER7 AUTRet ITARet CAN11 USA17 19位 3
1972年 TS14 ARG RSA ESP MON BEL FRA GBR GER AUT ITARet CAN USADNS NC 0
  • 太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。(key)

ル・マン24時間レース

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 総合順位 クラス順位
1963年 ITA アウトモビリ・フェラーリ S.E.F.A.C. BEL ウィリー・メレス フェラーリ・250P P3.0 252 DNF DNF
1964年 ITA SpA フェラーリ・SEFAC ITA ロレンツォ・バンディーニ フェラーリ・330P P5.0 337 3位 3位
1965年 ITA ルドヴィコ・スカルフィオッティ フェラーリ・330 P2 225 DNF DNF
1966年 GBR ローラ・カーズ GBR デイヴィッド・ホッブス ローラ・T70-アストンマーティン P+5.0 3 DNF DNF

ヨーロピアン・フォーミュラ2選手権

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
1967年 ローラ・レーシング ローラ・T100 フォード SNERet SIL3 BRHDNQ VAL NC 0‡
BMW NÜR2 HOC TUL JAR ZAN PER
1977年 サーティース サーティース・TS10 フォード MAL THRRet HOC PAU PALDNQ HOC ROUDNQ ÖST IMO1 MAN PER SAL ALB HOC NC 0‡
  • 太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。(key)
  • ‡ : サーティースはグレーデッド・ドライバーに指定されているため、選手権のポイント対象外となる。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/02/08 04:47 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「ジョン・サーティース」の人物情報へ