赤瀬川原平 : ウィキペディア(Wikipedia)

赤瀬川 原平(あかせがわ げんぺい、1937年3月27日 - 2014年10月26日)は、日本の前衛美術家、随筆家、作家。本名は赤瀬川 克彦(あかせがわ かつひこ)。純文学作家としては尾辻 克彦(おつじ かつひこ)というペンネームがある。神奈川県横浜市中区本牧町生まれ。愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)油絵学科中退。

兄は直木賞作家の赤瀬川隼。姉の赤瀬川晴子は帽子作家。また、外交官の西春彦は父のいとこにあたる。姪(隼の長女)は『人麻呂の暗号』の著者である藤村由加の一人。

2006年4月より、武蔵野美術大学日本画学科の客員教授を務めていた。

経歴

生い立ち

父親は鹿児島県出身で倉庫会社勤務のサラリーマン。「赤瀬川骨茶」という俳号で俳句も詠んだ。母親は東京府出身。原平は6人兄弟姉妹の下から2番目。兄弟はみな芸術的なことが好きで、原平はとくに絵が好きだった。一家は父親の転勤であちこちに移り、原平は幼稚園時代から大分県大分市で育つ。幼少は内気な引っ込み思案で寝小便の癖がなかなか治らず、完全に治ったのは中学3年だった。「おねしょは中学2年生まで毎晩のようにしていて、自分の運命を憎み、死んでしまいたいと思っていた」というコンプレックスが自意識を目覚めさせたと書いているNHK2006年放送「知るを楽しむ 人生の歩き方」。

1945年、大分市立金池小学校3年生の時に敗戦。父親は職を失い、母親の内職を一家で手伝う。

小学生時代、絵が好きな雪野恭弘(のち画家)と親友になる。雪野とは、大分市立上野ヶ丘中学校時代、そして、武蔵野美術学校でも同窓として交際が続く。中学時代の転校生には、のちにソ連問題の専門家になった木村汎(山村美紗の弟)がいる。

5歳上の兄・赤瀬川隼と磯崎新が旧制中学の同級生で、磯崎が赤瀬川家によく遊びに来ていた。原平が中学生の時、磯崎が創立していた絵の同好会「新世紀群」に雪野とともに参加。ここで4歳年上の吉村益信と知り合う。

大分県立大分舞鶴高等学校に進学して2か月後、一家は名古屋に引越しし、愛知県立旭丘高等学校美術科に転校。油絵を習う。同級生に荒川修作、岩田信市(のち画家、演出家)がいた。

吉村益信の勧めで、吉村が進学した武蔵野美術学校油絵科に進む。だが、仕送りは2か月でとまり、サンドイッチマンのアルバイトで食いつなぐ。アルバイト仲間からは、本や映画について学んだ。

1956年には、上京していた姉・晴子と一緒に住み、姉のさそいで、砂川基地反対闘争に参加する。

前衛芸術

「心はいつもアヴァンギャルド」といい、1958年、第10回読売アンデパンダン展に初出品。以後、1964年に同展が終了するまで出品を続ける(詳細は『反芸術アンパン』(ちくま文庫)を参照)。

1959年には、数年来の持病の十二指腸潰瘍の手術のため名古屋に戻る。そこで伊勢湾台風に遭遇し、九死に一生を得る。

1960年、吉村の誘いで「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」に参加。赤瀬川は荒川修作をグループに紹介し、参加させた。篠原有司男の母親に姓名判断をしてもらったところ、「下の名前の画数が足りない」といわれ、「克彦」よりさらに画数が少ない「原平」をペンネームとして採用。赤瀬川は「ヴァギナのシーツ」など、ゴム・チューブを素材としたオブジェを製作した。1962年には、ポスターカラーで描いた絵画「破壊の曲率」でシェル美術賞に入選。

1962年に、松田政男・山口健二・川仁宏らが企画した自立学校に、学生として参加森秀人『実録・我が草莽伝』(東京白川書院)P.88。

1963年、高松次郎・中西夏之とともにハイレッド・センター(3名の頭文字により命名)を結成。「首都圏清掃整理促進運動」などのパフォーマンスを行う(詳細は『東京ミキサー計画―ハイレッド・センター直接行動の記録』 (ちくま文庫)を参照)。赤瀬川は個人としても、扇風機などの身の回りの品物を包装紙で包む「梱包作品」を制作。このコンセプトは最終的に、缶詰のラベルを缶の内側に貼って宇宙全体を梱包したと称する「宇宙の缶詰」に至る。

この頃、ナム・ジュン・パイク、オノ・ヨーコ、横尾忠則らとも知り合っている。「とくにパイクは、ハイレッド・センターのよき理解者だった」と赤瀬川は「東京ミキサー計画」で書いている。

1963年1月『文芸別冊 現代赤瀬川考』(河出書房新社)P.234、「千円札の表だけを一色で印刷したもの」(模型千円札)に手を加えたものを作品として発表する。また、千円札を詳細に観察し肉筆で200倍に拡大模写した作品「復讐の形態学」(殺す前に相手をよく見る)を制作し、1963年3月に『文芸別冊 現代赤瀬川考』(河出書房新社)P.235読売アンデパンダン展に発表した。同1963年に、平岡正明・宮原安春ら犯罪者同盟が発行した単行本『赤い風船あるいは牝狼の夜』により、平岡らが猥褻図画頒布で逮捕された際、同著に赤瀬川の「千円札を写真撮影した作品」が掲載されていたことから、赤瀬川の作品は警察の知るところになる。その後、曲折があり、1965年、「模型千円札」が通貨及証券模造取締法違反に問われ、起訴される。弁護人には瀧口修造といった美術界の重鎮たちが名を連ね、話題となった。1967年6月の東京地方裁判所の一審で「懲役3月、執行猶予1年、原銅版没収」の判決。控訴ののち1970年に執行猶予つきの有罪確定。その後、前衛芸術からは身を引くようにしていく。

櫻画報

『ガロ』1970年6月号に掲載された「お座敷」で漫画家デビュー。1970年代から『朝日ジャーナル』(朝日新聞社)や『月刊漫画ガロ』(青林堂)などで漫画家として活動した。つげ義春の「ねじ式」のパロディである予告漫画「おざ式」(『ガロ』1973年7月号掲載)などを発表した。

『朝日ジャーナル』に連載した『櫻画報』では「櫻画報こそ新聞であり、この周りにある『雑誌状の物』は櫻画報の包み紙である」と主張。最終回(1971年3月19日号)では、「アカイ/アカイ/アサヒ/アサヒ」という国民学校時代の国語の教科書の例文をパロディ化し、挿絵の水平線から昇る太陽を『朝日新聞』のロゴに描き換えたイラストを描いた。ヌードの表紙と赤瀬川の「櫻画報」が読者に誤解を与えかねないことを理由として、当該号は自主回収された堀田貢得『何が週刊誌を凋落させたのか!? 体験的出版ジャーナリズム論』大村書店、2006年、p.296。竹内オサム『戦後マンガ50年史』筑摩書房、1995年、pp.110-111。。この事件で編集長が更迭された他、朝日新聞出版局では61名の人事異動がなされ、『朝日ジャーナル』自体も2週間にわたって休刊した宮森雅照「『朝日ジャーナル』回収事件顛末 ―雑誌にとっての編集権を考える―」『出版の検証 敗戦から現在まで 1945~1995』文化通信社、1996年、pp.116-119。。

その後、『櫻画報』の連載は『ガロ』等で復活し、他にも様々な雑誌を「雑誌ジャック」した。また、松田哲夫・南伸坊とともに結成した「櫻画報社」で、「論壇の人間関係図」等を発表した。

また、1976年から、『週刊読売』誌上で「全日本満足問題研究会」(赤塚不二夫・赤瀬川原平・奥成達高信太郎長谷邦夫)と名乗り、「バカなことを真面目にやる」連載を行った。1978年には、赤塚不二夫と全日本満足問題研究会と名称を変え、レコード『ライヴ・イン・ハトヤ』を発表。

純文学作家

篠原勝之の紹介で、中央公論社の文芸雑誌『海』の編集者だった村松友視と知り合い、篠原、南伸坊糸井重里らとともに毎月村松宅に押しかけ「ムラマツ宴会」と称する飲み会を行った。そうした縁で、村松から「純文学を書いてほしい」と依頼され、『海』に赤瀬川原平名義で「レンズの下の聖徳太子」を発表。しかし理屈っぽすぎたせいか、あまり反響はなかった。

つづいて、『婦人公論』で赤瀬川にカットの仕事を依頼していた編集者田中耕平に「もっと気楽に書いたら」と助言され、テーマのない身辺小説「肌ざわり」を執筆。名義はペンネームの「尾辻克彦」とする。1979年9月に中央公論新人賞を受賞し、雑誌『中央公論』に掲載された。

『文學界』1980年12月号に発表された短編「父が消えた」で、1981年、第84回芥川賞を受賞。「前科持ち・元犯罪者」が一転して「芥川賞作家」となり、周囲の扱いが激変したという。1983年、「雪野」で野間文芸新人賞を受賞。

裁判の途中に結婚し、裁判の後に赤瀬川は41歳で離婚して幼少の娘と父子家庭を営んでいた(のちに美学校の生徒だった女性と再婚している)。「娘・胡桃子と父親の私」の2人のみが登場する作品が多かったため、中公新人賞の選考委員会では「この作家はホモではないか」という意見がでたという。

この頃嵐山光三郎の紹介で深沢七郎とも交際があり、深沢のラブミー農場で「芥川賞受賞のお祝いパーティー」をしてもらった。

その後、純文学系の文筆活動を尾辻克彦名義で行い、尾辻・赤瀬川の「共著」などを出したりしたが、1994年に発表された小説集『ライカ同盟』を最後に尾辻名を使用することはなくなった。近年、「尾辻克彦」名義で刊行された書籍が、文庫化や再刊時に「赤瀬川原平」名義に変わることがほとんどである。ただし、2005年の河出文庫『父が消えた』『肌ざわり』、2012年の文春文庫での『父が消えた』の電子書籍化など、いまだに尾辻名義が使われる場合もある。

トマソン・路上観察

1972年、南伸坊・松田哲夫とともに四谷を歩行中、ただ昇って降りるだけの意味不明な階段を発見。これは、階段としてきわめて純粋であった(「ある意味で純粋芸術に似ており、まるでもの派のようだ」と言って赤瀬川らは興奮した)。「四谷の純粋階段」、または「四谷怪談」のしゃれで「四谷階段」と称した。その後、いくつかの類例が見つかり、また「美学校・絵文字工房」で紹介すると、生徒からも同様の発見が多く集まった。当時、読売ジャイアンツに高額の契約金で雇われたゲーリー・トマソン選手が役に立たなかったことにちなみ、「超芸術トマソン」と命名された。末井昭編集長の『写真時代』の連載を通じて普及活動を行った。

また、トマソンやマンホールの蓋、看板などを発見し考察する、「路上観察学会」を創設。1987年、『東京路上探険記』は講談社エッセイ賞を受賞。後年「路上観察学会」会員の藤森照信(建築史家・建築家、東京大学教授)にみずからの住まいの設計を任せ、屋根に韮を生やした「ニラハウス」を建てた。

その他

1967年、漫画評論家石子順造の紹介で、当時東京都立大生だった松田哲夫(のちに筑摩書房に入社して編集者となる)と出会って意気投合。松田とは、マッチ箱のラベル絵の収集、宮武外骨の雑誌の収集、今和次郎の考現学の本の収集などを熱中して行う。松田はのちに筑摩書房でちくま文庫を創刊。赤瀬川の著作も多数収録されている。

松田とは1985年に『学術小説 外骨という人がいた』を白水社から刊行して宮武外骨リバイバルを仕掛けている。1986年には、赤瀬川と吉野孝雄が編集した『滑稽新聞』の再編集復刻版を筑摩書房より刊行した。

「千円札裁判」の事務局長を務めた川仁宏(現代思潮社)が創設した「美学校」では、1970年から1986年まで(1971年は中断)、「絵・文字工房」の講師をつとめた(初期は松田哲夫が助手。のち、元生徒の南伸坊にかわる)。講義内容は赤瀬川がその時点で熱中していたもの-「マッチのラベル絵」「宮武外骨」「考現学」「新聞の尋ね人案内」「トマソン」「1円で何が買えるか」など-であった。その教室からは、平口広美南伸坊渡辺和博・泉晴紀・久住昌之・森伸之・上原ゼンジ・まどの一哉・井上則人らのクリエイターが輩出している。なお、南の「伸坊」というペンネーム及び渡辺和博のあだな「ナベゾ」は、宮武外骨の『滑稽新聞』の絵師に由来するものである。

また1978年には「全日本満足問題研究会」(赤塚不二夫・赤瀬川・奥成達高信太郎長谷邦夫)の一員としてLP「ライブ・イン・ハトヤ」に参加。

1989年には、勅使河原宏と共同脚本を担当した映画『利休』で、日本アカデミー賞脚本賞を受賞。1993年には『仙人の桜、俗人の桜』で、JTB旅行文学大賞を受賞。

この頃、雑誌ビッグコミックスピリッツの「馬鹿王」(正確には馬の点が5つ)連載で、馬鹿王様のイラストを担当「ホイチョイプロダクションズ いたずらの天才の息子」、「いとうせいこうの盗魂」に次ぐ投稿コーナーとなる(芸術原論展図録に記載無し)。

1996年『新解さんの謎』では、三省堂の『新明解国語辞典』を一人の個性的な人物が著した“読みもの”に見立て、話題を集めた。企画を提案した夏石鈴子はSM嬢として登場している。

1997年 藤森照信が「赤瀬川原平氏邸に示されたゆとりとぬくもりの空間創出」で第29回日本芸術大賞(財団法人新潮文芸振興会)を受賞した。

1998年『老人力』では、高齢化社会が進む中で、老人への新しい視点(「老人力」とは「忘れる力」であり、「耄碌した」「ボケた」と言わないで「老人力がついてきた」といい、古いものを「中古美品」として大切にした)を提供した(「老人力」という言葉は、もともと藤森照信が還暦を過ぎた赤瀬川に対して使った言葉であった)。著作『老人力』は筑摩書房はじまって以来最高のベストセラーとなり、同年末の流行語大賞では、最後の10候補に入った。

弱点を味わいと考え、「貧乏性」研究から『超貧乏ものがたり』を書き、優柔不断も『優柔不断術』を書いている。

その他にも『月刊天文ガイド』で10年以上に渡る連載を行ったり、カメラ(特に中古カメラやステレオカメラ)に関する著作を多数著し、ライカ同盟や脳内リゾート開発事業団を結成するなど、その活動は幅広い。「ステレオ茶会」も開いていた。

また、猫好きでもあり、猫についてのエッセイ集、写真集なども刊行している。

赤瀬川は、『人麻呂の暗号』の著者である藤村由加の構成メンバーたち(4人のうち一人は赤瀬川の姪(赤瀬川隼の長女)だった)が属していた言語交流研究所(ヒッポファミリークラブ)の理事でもあり、またヒッポ創設者の榊原陽とは、前身のラボ教育センター時代からの交流があったヒッポの活動を応援してくださる先生方。兄の赤瀬川隼もヒッポファミリークラブ関連の組織に勤務している(ラボ教育センターの運営会社のテックに勤務『潮もかなひぬ』(文春文庫)著者紹介、のちに言語交流研究所(テックから、榊原陽らが独立して作ったヒッポファミリークラブの関連組織)に勤務した『宝石』1986年6月号「宝石図書館」)。

死去

2011年に胃癌による全摘手術が行われて以降、脳出血や肺炎などで体調を崩しており、療養中であったが、2014年10月25日夜に容体が悪化。翌10月26日、敗血症のため東京都町田市の病院で死去。。戒名は慈眼院原心和平居士大塚英良『文学者掃苔録図書館』原書房、2015年、14頁。。墓地は北鎌倉の東慶寺にある。2014年末には追悼号となる『アックス』102号が青林工藝舎より刊行された。

「なるほどそうだったのかと思えるのが死の瞬間」と生前語っていた。

組織

多くの「ナンセンス」で「ユーモラス」な組織の結成に関わっている。

  • ネオ・ダダイズム・オルガナイザー(1960年)
  • ハイレッド・センター(1963年)
  • 千円札裁判懇談会(1965年、事務局長・川仁宏、瀧口修造、中原佑介、針生一郎、三木多聞、ヨシダヨシエ、高松次郎、中西夏之、石子順造、大島辰雄、東野芳明、刀根康尚ら)
  • 革命的燐寸主義者同盟(1968年、マッチのラベルの収集を目的として松田哲夫らと結成)
  • 革命的珍本寸主義者同盟(1968年、宮武外骨や今和次郎の古書の収集を目的として松田哲夫と結成)
  • 娑婆留闘社(1969年、安保闘争で逮捕された人たちの獄舎内に、「獄送劇画通信」と題した赤瀬川のシュールな作品を描いた葉書を送る組織。松田と結成)
  • 櫻画報社(1970年、松田哲夫、南伸坊と結成)
  • ロイヤル天文同好会(1974年、美学校での弟子、田中ちひろ、鈴木剛らと結成。望遠鏡を使った天体観察を行う会)
  • 日本満足問題研究会(1976年、赤塚不二夫、赤瀬川原平、奥成達高信太郎長谷邦夫
  • トマソン観測センター(1983年、美学校での弟子鈴木剛、飯村昭彦、田中ちひろらと結成)
  • 路上観察学会(1986年)
  • 「文人、歌人、怪人」(1989年、武蔵野美術学校の同窓の秋山祐徳太子アンリ菅野と結成。野山で写生画を描き、展覧会を開くユニット)
  • 脳内リゾート開発事業団/ステレオオタク学会(1991年、高杉弾、郷津晴彦、太田孝幸、徳山雅記らと結成。ステレオ写真の愛好団体)
  • ライカ同盟(1994年)
  • 縄文建築団(1995年、藤森照信、南伸坊らと結成。赤瀬川宅を建築する際に、建築作業を手伝ったことから、藤森設計の建物を建築作業を手伝う、「建築趣味」の素人集団を結成し活動。)
  • 日本美術応援団(1996年、美術研究者山下裕二と結成)

著書

赤瀬川原平名義

共著

尾辻克彦名義

路上観察学会名義

  • 路上観察学会参照。

全日本満足問題研究会名義

  • レコード「ライヴ・イン・ハトヤ」赤塚不二夫/赤瀬川原平/奥成達/高信太郎/長谷邦夫/タモリ/山下洋輔/坂田明/小山彰太/林美雄

CD付き絵本

  • きてれつ六勇士 らくだ・こぶに(谷川雁)作、赤瀬川原平絵 ラボ教育センター「アリ・ババ」に収録 1976

CD-ROM

  • 超芸術トマソンの冒険

ビデオ

  • 紀伊國屋セミナー3 老人力VS不良中年 赤瀬川原平(演)嵐山光三郎(演) 紀伊國屋書店 1999.4

映画脚本

  • 『利休』 監督:勅使河原宏、脚本:赤瀬川原平+勅使河原宏 1989
  • 『豪姫』 監督:勅使河原宏、脚本:赤瀬川原平+勅使河原宏 1992

ポスター・ジャケット等

  • 1969年、「状況劇場」の公演「少女都市」のポスターを描く。
  • 1972年、関西のロックバンドジプシーブラッドのアルバム『ろっこうおろし』のジャケットデザイン。
  • 1984年、ナム・ジュン・パイク+坂本龍一のビデオ作品『オールスタービデオ』のジャケットデザイン。

CD

  • ライヴ・イン・ハトヤ 赤塚不二夫と全日本満足問題研究会

展覧会(回顧展)

  • 戦後日本の前衛美術(グッゲンハイム美術館他巡回 1994年)に出品。
  • 赤瀬川原平の冒険 脳内リゾート開発大作戦 1995年1月21日〜4月2日 名古屋市美術館
    • 連続鼎談
      • ネオ・ダダ鼎談:赤瀬川原平、吉村益信、風倉匠
      • ハイレッド・センター鼎談:赤瀬川原平、中西夏之、和泉達
      • 「千円札裁判」鼎談:赤瀬川原平、刀根康尚、川仁宏
      • 『櫻画報』鼎談:赤瀬川原平、南伸坊、松田哲夫
      • トマソン路上観察学鼎談:赤瀬川原平、藤森照信、林丈二
      • ライカ同盟鼎談:赤瀬川原平,秋山祐徳太子,高梨豊
    • 映画上映
      • 『利休』 監督:勅使河原宏、脚本:赤瀬川原平+勅使河原宏
      • 『豪姫』 監督:勅使河原宏、脚本:赤瀬川原平+勅使河原宏
    • ビデオ上映会(60年代の実験フィルム)
      • 飯村隆彦「ダダ62」
      • 城之内元晴「シェルター・プラン」
      • 赤瀬川原平「ホモロジー」ほか
  • 赤瀬川原平×尾辻克彦 文学と美術の多面体展、2014年10月18日〜12月21日、町田市民文学館ことばらんど
  • 赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで、2014年10月28日〜12月23日、千葉市美術館

注釈

出典

参考文献

  • 『文藝別冊 赤瀬川原平 現代赤瀬川考』 河出書房新社、2014年10月、ISBN 9784309978482
  • 『アックス Vol.102 赤瀬川原平 追悼特別企画』 青林工藝舎、2014年12月、ISBN 9784883794058

関連項目

  • いのちの響 - 人物ドキュメンタリー番組

外部リンク

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2020/12/16 09:38 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「赤瀬川原平」の人物情報へ