アーサー・コーン : ウィキペディア(Wikipedia)

アーサー・コーンArthur Korn、1891年6月4日 - 1978年11月14日)は、ドイツ系ユダヤ人建築家、都市計画家。エルンスト・マイ、ルードリッヒ・ヒルバーザイマー、アドルフ・マイヤー、カール・シュナイダーらとともに、ドイツ建築界における新興派の一翼を担った。ドイツ読みはアルトゥーア・コルン。

ドイツ・ブレスラウに生まれる。ベルリンで建築教育を受け、その後1919年から1934年にかけて、ベルリンでスタジオを開業する。1934年にナチの台頭によって、イギリスに逃れるように渡英し、イギリス建築協会付属建築学校・AAスクール講師。都市計画論を担当。

代表作品

  • マクデブルク・ギアルド商会製靴化工場 1925年
  • コップ・ウント・ヨーゼフ商店店舗
  • 線状拡大都市理論 1929年発表
  • ベルリン近郊のゴム工場(S・ワイツマンと共同設計) 1930年
  • 近代建築研究者集団MARSプラン・ロンドン計画委員会委員長 1938年発表

参考文献

  • History Builds the Town, London, Lund Humphries & Co., Ltd, 1953年

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 | 最終更新:2021/06/19 04:09 UTC (変更履歴
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike and/or GNU Free Documentation License.

「アーサー・コーン」の人物情報へ