米ロサンゼルスのテーマパーク入場にワクチン証明書義務化か

2021年9月24日 15:00

ユニバーサル・スタジオも声明を発表
ユニバーサル・スタジオも声明を発表

米カリフォルニア州ロサンゼルス郡にあるテーマパークで、利用者に新型コロナウイルスのワクチン接種証明の提示が義務づけられる可能性が出てきたと、米Deadlineが報じている。

新型コロナウイルスのデルタ株の感染が拡大するなか、ロサンゼルス郡公衆衛生局は、レストランやバー、ナイトクラブなどの屋内施設の利用者と従業員に対し、ワクチン接種証明の提示を義務づける方針を発表。参加者1万人以上の「メガイベント」に関しても、ワクチン接種証明か、72時間以内の陰性証明提示の義務化を10月7日(現地時間)までに開始すると発表している。

ロサンゼルス郡公衆衛生局のバーバラ・フェラー局長はこのほど、1万人以上が利用するテーマパークも「メガイベント」に該当すると説明。これを受けて、絶叫系のアトラクションで知られる遊園地シックス・フラッグス・マジック・マウンテンは「これまで通り、ロサンゼルス郡公衆衛生局のすべての指導に従っていきます」とのコメントを発表した。

一方、ユニバーサル・スタジオは、「これまでの命令において、テーマパークはメガイベントに分類されておらず、(該当するほかのビジネスと)運営能力や慣習も異なります。更新された命令に関しては、そのような背景を考慮しつつ、保健当局と検討していきます」と声明を発表している。

なお、ディズニーランドとカリフォルニア・アドベンチャーという2つのテーマパークを抱える米ウォルト・ディズニーは、コメントを発表していない。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース