運命を殴り変えろ 北村匠海×山田裕貴×吉沢亮「東京リベンジャーズ」予告&ポスター完成

2021年4月21日 07:00

豪華若手キャストが結集、乱闘シーンが迫力たっぷりに切り取られた予告編
豪華若手キャストが結集、乱闘シーンが迫力たっぷりに切り取られた予告編

シリーズ累計発行部数1000万部を突破した和久井健氏の人気コミックを映画化する「東京リベンジャーズ」の予告編と、ポスターがお披露目された。映像には、北村匠海山田裕貴杉野遥亮今田美桜鈴木伸之(「劇団EXILE」)、眞栄田郷敦清水尋也磯村勇斗間宮祥太朗吉沢亮ら若手豪華キャストが集結。タイムリープで不良だった高校時代に戻る主人公・花垣武道(通称タケミチ)が身を投じる、喧嘩や乱闘シーンが迫力たっぷりに切り取られている。

「SUPER BEAVER」の主題歌「名前を呼ぶよ」が初披露された予告編は、負け犬フリーター・タケミチが、元恋人・橘ヒナタ(今田)が殺されたことを知る、衝撃的なシーンで幕を開ける。そして何者かによって、線路に突き落とされたタケミチが、迫りくる電車に死を覚悟した次の瞬間、高校時代にタイムリープ。そこで、「10年後も一緒にいて」と話すヒナタと接し、タケミチはヒナタの死と関係があると思われる最強の組織「東京卍會」を消滅させ、最悪な未来を変えることを決意する。

映像には「おまえは、一生俺の奴隷だ」と言い、タケミチをボコボコにする天敵・キヨマサ(鈴木)、漆黒の特攻服をまとった「東京卍會」を率い、「潰すぞ!」と叫ぶ総長・マイキー(吉沢)、強烈な存在感を放つ副総長・ドラケン(山田)が登場。「二度と譲れねえもんがあるんだよ」というタケミチに、マイキーが「どうやって死にたい」と迫る一触即発の場面や、「東京卍會」と敵対するチーム「愛美愛主(メビウス)」の激しい抗争、マイキーの圧倒的で軽やかな戦闘シーンなども切り取られている。タケミチの逃げない姿や、仲間たちとの友情に、胸が熱くなる。本作のファンであり、大ヒットアニメ「鬼滅の刃」の我妻善逸役で知られる声優・下野紘が、特報に続きナレーションを務めた。

ポスターには、「運命を殴り変えろ。」というコピーとともに、鋭い眼光を投げかけ、拳を握りしめるタケミチを活写。背後には、過去で出会う大切な仲間や、因縁の相手が顔をそろえている。

東京リベンジャーズ」は、7月9日に全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース