「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」主題歌をマカロニえんぴつが担当 最新予告も公開

2021年3月1日 07:00

「マカロニえんぴつ」が担当
「マカロニえんぴつ」が担当

4月23日公開の「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」の主題歌を、2020年にメジャーデビューしたロックバンド「マカロニえんぴつ」が担当することが決定した。

「映画クレヨンしんちゃん」シリーズ第29作となる同作は、劇場版としては初めて本格ミステリー風の物語が描かれる。AIによって管理された小中一貫の超エリート校・私立天下統一カスカベ学園(通称:天カス学園)に体験入学した主人公・野原しんのすけとその仲間たちが、学園で多発する不可解な事件の解決に挑んでいく。

書き下ろしとなる主題歌のタイトルは「はしりがき」。バンドメンバー全員が「クレヨンしんちゃん」を見て育ったシリーズのファンということで、歌詞にも作品を想起させるキーワードが散りばめられている。ボーカルを務めるはっとりは「今回、映画のテーマとして“青春”は欠かせない部分で、 『青春ってこういうものだよ!』とは言わず『あなたの青春は何ですか?』と問いかけるような楽曲にしようと思いました。“青春”は輝いていたり、後悔したり、友達との別れがあったり、何かに燃えたり……これから自分で捕まえにいくものでもあると思います。理想に近づこうとしている瞬間もまた青春だ! というメッセージを歌に込めて作りました」と楽曲制作の舞台裏を明かした。

また、主題歌を使用した最新予告映像も公開された。映像内には、しんのすけたちとともに「カスカベ探偵倶楽部」を結成することになる、落ちこぼれ生徒会長の阿月チシオ(あつきちしお)や、ゲスト声優である仲里依紗、フワちゃん、お笑いコンビ「チョコレートプラネット」が演じる生徒たちなど、個性的な“天カス学園”の関係者が多数登場。恋や夢、友情など、さまざまな形の“青春”が描かれており、しんのすけと風間くんが大ゲンカしてしまうシーンや、しんのすけが「オラたちは絶対、風間くんをあきらめないゾ!」と叫んで仲間たちとともに駆け出す場面などが収録されている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース