「鷹の爪」新作、吉田くんが“リモート世界征服”企むPV公開 OP&ED曲も決定

2020年9月3日 07:00

PV、オープニング&エンディング曲が発表
PV、オープニング&エンディング曲が発表

[映画.com ニュース] 人気ギャグアニメ「秘密結社 鷹の爪」シリーズの最新作「秘密結社 鷹の爪 ~ゴールデン・スペル~」のPV、オープニング曲、エンディング曲が発表された。

「秘密結社 鷹の爪」シリーズは、「人と地球にやさしい世界征服」を掲げる悪の秘密結社「鷹の爪団」が、正義のヒーロー・デラックスファイターに邪魔されたり、マヌケな失敗を繰り返したりしながらも活動を続ける“世界征服コメディ”。シリーズを通じ、原作者であるFROGMANが監督、脚本、録音、編集、メインキャラクターの声優などを一手に担っている。

新作「ゴールデン・スペル」は、これまでの1話完結型ではなく、本格ストーリーもので全12話構成。人間を意のままに操れる太古の呪文「ゴールデン・スペル」をよみがえらせることに成功した鷹の爪団が、巨大な陰謀に巻き込まれていく。

PVは、今作のカギを握る呪文ゴールデン・スペルの説明、ゴールデン・スペルを使った“リモート世界征服”を提案する吉田くんの姿が収録されている。さらに本PVから、中田譲治演じる新キャラクター・黒輝誉(くろきほまれ)のキャラクターデザインが変更。収録時、中田の演技のパワーに触発されたFROGMANが、その場でデザイン変更を決めたという。

また、オープニング曲は2020年にメジャーデビューした5人組ロックバンド「ネクライトーキー」の楽曲「誰が為にCHAKAPOCOは鳴る」に決定。同バンドメンバーの朝日は、「ネクライトーキー初のアニメOP、一体どんなアニメなら合うのだろうと勝手にひとりで妄想していたこともあったのですが、これがなかなかに難しく答えの出ないままでした。そんな中で決まった『鷹の爪』のタイアップ。本当に『これだ……!』とこれまた一人で合点がいってました」と心境を明かしている。

エンディング曲は、ピアノ連弾ユニット「EIKO+ERIKO」による楽曲「Chili Peppers」が起用され、EIKOとERIKOは「以前から楽しく見させていただいている『鷹の爪』のエンディングテーマを担当させていただくこととなり本当にうれしいです。ピアノとドラムのみというシンプルな編成で、個性ある『鷹の爪団』の団員みなさんを音で表現しました!」と喜びのコメントを寄せている。FROGMANがネクライトーキーとEIKO+ERIKOを描き下ろしたイラストも公開されている。

「秘密結社 鷹の爪 ~ゴールデン・スペル~」は10月4日から放送開始。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース