ベルリン国際映画祭が「男優賞」「女優賞」を廃止 「俳優賞」に統一して新設

2020年8月30日 06:00

マリエット・リーセンベークとカルロ・シャアトリアン
マリエット・リーセンベークとカルロ・シャアトリアン

[映画.com ニュース] 世界3大映画祭のひとつであるベルリン国際映画祭が、「男優賞」「女優賞」を廃止し、性的区別のない「主演俳優賞」「助演俳優賞」を新設することを決定した。

性的区別の廃止について、同映画祭のディレクターであるマリエット・リーセンベークとカルロ・シャアトリアンは、「演技分野の賞の性的区別をなくすことは、映画業界におけるジェンダーへ配慮する意識の向上に繋がると考えています」と声明を発表している。

さらに、同映画祭の創設者で初代ディレクターを務めた故アルフレッド・バウアー氏の名前を冠した「アルフレッド・バウアー賞」が廃止され、新たに「銀熊審査員賞」が導入されることも明らかになった。バウアー氏に関しては、「ナチス政権の映画政策に深く関与していた」と地元メディアで報じられていた。

またリーセンベークとシャアトリアンは、新型コロナウイルスの感染拡大により多くの映画祭が中止やオンライン開催への移行を余儀なくされているなか、同映画祭を2021年2月に予定通り物理的に開催する意向であることを発表した。

「映画祭と映画マーケットは出会いとコミュニケーションの場です。これは一般の人々にだけではなく、映画業界全体にもいえることです。観客との生き生きとした関係性こそが、映画祭の重要でユニークな特徴です。新型コロナウイルスの感染が広がっている時代にあっても、文化的な領域ではアナログな体験空間が必要であることがより明確になっています」とコメント。「徐々にではありますが、再び物理的に観客が参加できる映画祭が世界中で開催されるようになったことを嬉しく思います」と、9月に開幕するベネチア国際映画祭やトロント国際映画祭が、規模を縮小したりオンライン上映を併用したりしながらも、物理的な上映を実施する方向であることに勇気づけられたと明かした。

なお、ベルリン国際映画祭と同時に行われる映画市「ヨーロピアン・フィルム・マーケット」に関しては、移動が困難なセラーやバイヤーのために、物理的なイベントとオンラインを組み合わせた体制になるという。

ベルリン国際映画祭は21年2月11~21日に開催予定。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース