「魔女見習いをさがして」新公開日は11月13日 森川葵、松井玲奈、百田夏菜子の声が初披露された予告も

2020年8月18日 07:00

「おジャ魔女カーニバル」が流れる予告編完成!
「おジャ魔女カーニバル」が流れる予告編完成!

[映画.com ニュース]「おジャ魔女どれみ」シリーズ20周年記念作品となる劇場アニメ「魔女見習いをさがして」の新公開日が、11月13日に決定。あわせてお披露目された予告編には、声優を務めた森川葵松井玲奈百田夏菜子の声がおさめられている。

おジャ魔女どれみ」は、1999年から4年間にわたり放送されたテレビアニメシリーズ。MAHO堂の女主人・マジョリカの正体を見破り、カエルに変えてしまった責任を取るため魔女見習いとなった少女たちの修業の日々を描いた。そして佐藤順一監督をはじめ、シリーズ展開当時のオリジナルスタッフが再集結した劇場版の軸となるのは、未来が見えず、人生に悩む長瀬ソラ、吉月ミレ、川谷レイカという3人の女性。年齢も性格も何もかもが異なる3人は、大好きな「おジャ魔女どれみ」に導かれるように運命の出会いを果たし、作品ゆかりの地を旅していく。当初は5月に公開を予定指定が、制作上の都合により延期されていた。

森川が教員志望でありながらも、自信をなくして進路に迷う大学生・ソラの声を務め、松井が職場になじめず葛藤する帰国子女の会社員・ミレ、百田が夢のため進学費用を貯めるも、ダメ彼氏に振り回されるフリーター・レイカを演じる。そのほか三浦翔平石田彰浜野謙太も声優キャストに名を連ねた。

予告編は、「ねえ、皆は大人になったら何になりたいの?」という問いかけからスタート。「『おジャ魔女どれみ』が好き」という気持ちでつながる3人が出会い、自分自身を見つめ直していくさまが切り取られている。そして中盤で流れるのは、シリーズおなじみの主題歌で、“おジャ魔女世代”のカラオケ定番曲である「おジャ魔女カーニバル」。懐かしい響きにのせ、魔法を使うためのアイテム「魔法玉」や魔女見習いたちが力を合わせる魔法「マジカルステージ」などの言葉に、ノスタルジーがかき立てられる映像となった。

魔女見習いをさがして」は、11月13日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

(C)東映・東映アニメーション

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース