「映画 ギヴン」春樹、秋彦、雨月の思いが交錯する本予告公開 主題歌も初披露

2020年7月21日 06:00

予告で描かれるそれぞれの思い
予告で描かれるそれぞれの思い

[映画.com ニュース] キヅナツキ氏の人気BL漫画をアニメ化した「映画 ギヴン」の本予告と場面写真が公開された。

アニメ「ギヴン」シリーズは、印象的な歌声をもつ高校生・佐藤真冬(CV:矢野奨吾)、高校生離れしたギターの腕前の上ノ山立夏(CV:内田雄馬)、立夏が所属するバンドのベーシストで大学院生の中山春樹(CV:中澤まさとも)、ドラマーの大学生・梶秋彦(CV:江口拓也)が繰り広げる青春、恋愛、音楽活動を描く。2019年7~9月放送のテレビシリーズは高校生の真冬と立夏の“切なくて淡い恋”を中心に展開し、映画版はバンドの大人メンバーである春樹と秋彦、秋彦の元恋人の天才バイオリニスト・村田雨月(CV:浅沼晋太郎)による“苦くて熱い恋”がつづられる。

本予告は、「センチミリメンタル」の主題歌「僕らだけの主題歌」が初披露され、同曲の切ないメロディに乗せて、春樹、秋彦、雨月の思いが交錯していく様子を映し出す。場面写真も、春樹が涙を流すシーンなどさまざまな表情を切り取っている。

映画 ギヴン」は8月22日公開。映画が公開されることをうけて、dアニメストア、Netflix、UNEXT、アニメ放題、ひかりTVでテレビシリーズの見放題サービスがスタートしている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース