「コリーニ事件」で描くドイツ史上最大の司法スキャンダル 監督「法律の世界への旅を楽しんで」

2020年6月16日 13:00

撮影中のマルコ・クロイツパイントナー監督(左)
撮影中のマルコ・クロイツパイントナー監督(左)

[映画.com ニュース]ドイツの現役弁護士作家によるベストセラー小説を映画化した「コリーニ事件」が、全国で公開されている。メガホンをとったマルコ・クロイツパイントナー監督が、本作の見どころを語るとともに、日本の映画ファンへ動画でメッセージを寄せた。

経済界の大物実業家を殺害したイタリア人労働者のコリーニ(フランコ・ネロ)。被害者とのつながりはなく、動機も不明だった。コリーニの担当となった新米弁護士のライネン(エリアス・ムバレク)が調査を始めると、やがてドイツ史上最大の司法スキャンダルと、想像を超える真実が明らかになる。

フェルディナント・フォン・シーラッハによる原作は、40カ国以上で翻訳され、ドイツ国内の累計発行部数は50万部を突破。作中で語られた“法律の落とし穴”がきっかけとなり、2012年にはドイツ連邦法務省が省内に調査委員会を立ち上げるなど、まさに小説が国家を揺るがす事態に。クロイツパイントナー監督によると、調査委員会は現在も活動中。本作でも触れられる、とある法律で逃れた犯罪を追うだけではなく、それを含めた多くの過去の罪を洗い出して再検討するための組織だという。

「正義を描いた映画がいつも好きだった」と自身のルーツを振り返ったクロイツパイントナー監督は、「この作品が日本の映画ファンにとって刺激的な映画体験となってくれることを願っているよ。そして、常に正義と自由のために闘う信念を強く持ってもらえたら本望だ。昨今は特にそう思う。憎しみが前面に出され、考え方の違う老いた権力者らが多様な社会を一つにまとめるどころか、分断させようとしているからね」と、持論を展開する。

メッセージ動画では、リラックスした様子で「この作品をぜひ堪能してほしい。法律の世界への旅を楽しんでもらいたい」と呼びかけたクロイツパイントナー監督。「本作をきっかけに政治に注目し、正義のために闘ってほしい」と訴え、最後には「早く日本に行けることを願っている」と話している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. アン・ハサウェイ主演、ロバート・ゼメキス監督作「ザ・ウィッチズ」が全米劇場公開断念

    1

    アン・ハサウェイ主演、ロバート・ゼメキス監督作「ザ・ウィッチズ」が全米劇場公開断念

    2020年10月21日 16:00
  2. 井上真央主演「大コメ騒動」主題歌は米米CLUB!女の怒りと涙と笑いが詰まった本予告完成

    2

    井上真央主演「大コメ騒動」主題歌は米米CLUB!女の怒りと涙と笑いが詰まった本予告完成

    2020年10月21日 07:00
  3. 竹中直人×山田孝之×齊藤工「ゾッキ」に18人の豪華キャスト!「最高最強のキャスティング」

    3

    竹中直人×山田孝之×齊藤工「ゾッキ」に18人の豪華キャスト!「最高最強のキャスティング」

    2020年10月21日 07:00
  4. 【全米映画ランキング】リーアム・ニーソン主演のアクションスリラー「Honest Thief」が首位デビュー

    4

    【全米映画ランキング】リーアム・ニーソン主演のアクションスリラー「Honest Thief」が首位デビュー

    2020年10月21日 13:00
  5. ジョン・ファブロー「マンダロリアン」映画化の可能性に言及

    5

    ジョン・ファブロー「マンダロリアン」映画化の可能性に言及

    2020年10月21日 11:00

今週