「ビルとテッドの大冒険」キアヌ・リーブス&アレックス・ウィンター、コロナ世代の卒業生をサプライズで祝福

2020年6月9日 11:00

Zoomを介してサプライズ登場
Zoomを介してサプライズ登場

[映画.com ニュース] 大ヒットコメディ「ビルとテッドの大冒険」シリーズのキアヌ・リーブスアレックス・ウィンターが、同シリーズの舞台である米カリフォルニア・サンディマス高校のバーチャル卒業式にサプライズ登場した。米Deadlineが伝えている。

1989年の映画「ビルとテッドの大冒険」は、ロックスターを夢見る落ちこぼれの高校生ビル(ウィンター)とテッド(リーブス)が、歴史の試験に合格するためタイムトラベルをするという荒唐無稽なコメディ。91年には続編「ビルとテッドの地獄旅行」も公開され、全米を中心に大ヒットを記録した。

新型コロナウイルスの感染拡大により、米国内ほぼ全ての高校と大学が卒業式の中止や無期延期を余儀なくされるなか、リーブスとウィンターは6月2日(現地時間)、バーチャル卒業式を行ったサンディマス高校の“後輩”たちを励まそうと、Zoomを介してサプライズ登場。「やあ、みんな。俺たち、ワイルド・スタリオンズ!」と、劇中でふたりが結成するバンド名で自己紹介。完全に役に成り切った様子で、「今はとても辛い時期だし、卒業式もバーチャルになってしまって、みんなさぞガッカリしていることだろう。俺たち2人とも、みんなが前を向いて歩いて行けるよう祈っているよ」とウィンターが真摯に語りかけるそばから、リーブスが「みんな、良くやった。偉いぞ!サンディマス高校アメフト部、万歳!」とテッド節全開で茶々を入れるなど、息の合った名コンビぶりを見せつけた。

最後は劇中の決めゼリフにかけて、ウィンターが「そして何よりも、お互いにエクセレントでいるべし(Be excellent to each other)」、リーブスが「楽しもうぜ(Party on)!」とハイテンションで呼びかけ、愛する母校から旅立つ後輩たちの門出を祝った。

2018年5月には、29年ぶりとなる続編の製作が決定し、再び注目を集めた同シリーズ。
スティーブン・ソダーバーグ製作総指揮、ディーン・パリソット監督(「ギャラクシー・クエスト」)のメガホンのもと、中年男性になった主人公ふたりの新たな大冒険を描くシリーズ第3弾「Bill & Ted Face the Music(原題)」は、20年8月21日全米公開予定。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース