現役医師・南杏子の最新作「いのちの停車場」が映画化 現代医療制度のタブーに切りこむ

2020年5月27日 06:00

南杏子氏の最新作「いのちの停車場」本日5月27日発売
南杏子氏の最新作「いのちの停車場」本日5月27日発売

[映画.com ニュース]現役医師・南杏子氏の小説「いのちの停車場」(幻冬舎刊、本日5月27日発売)が、配給大手の東映により映画化されることが発表された。現代医療制度の問題点や、尊厳死や安楽死などのタブーに切りこむヒューマンドラマを紡ぐ。

南氏は都内の終末期医療専門病院に医師として勤務するかたわら、2016年に現代の終末期医療の在り方を問うミステリー「サイレント・ブレス」で作家デビューを果たした。18年には日本医療界の現実をえぐりながら、医師たちの成長と挫折を描いた「ディア・ペイシェント 絆のカルテ」を発表。同作はNHKで貫地谷しほりが主演を務めドラマ化されるなど、話題を呼んだ(現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、放送が延期されている)。

現役医師の南杏子氏
現役医師の南杏子氏

注目を集める南氏の最新作「いのちの停車場」は、日本の長寿社会にスポットを当て、現代医療制度の問題点やタブーに正面から向き合う医師や患者、その家族の姿を描き出す。東映が各社との争奪戦を制し、映画化権を獲得。監督やキャストは、後日発表される予定だ。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作の4Kニューマスター、12月に劇場公開!三ツ矢雄二の日本語吹き替え版は初上映

    1

    「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作の4Kニューマスター、12月に劇場公開!三ツ矢雄二の日本語吹き替え版は初上映

    2020年9月25日 12:00
  2. 「ブラック・ウィドウ」「エターナルズ」が全米公開を延期 今年のマーベルは劇場公開作品がゼロに

    2

    「ブラック・ウィドウ」「エターナルズ」が全米公開を延期 今年のマーベルは劇場公開作品がゼロに

    2020年9月25日 11:00
  3. 「TENET テネット」10分のメイキング映像公開 飛行機激突シーンの舞台裏も

    3

    「TENET テネット」10分のメイキング映像公開 飛行機激突シーンの舞台裏も

    2020年9月25日 13:00
  4. 東京国際映画祭の特別招待作品は意欲作ずらり! ラインナップ17本が明らかに

    4

    東京国際映画祭の特別招待作品は意欲作ずらり! ラインナップ17本が明らかに

    2020年9月25日 15:00
  5. 迫り来る火砕流、降り注ぐ火山弾!「トゥームレイダー」監督が放つ火山パニックアクション、11月公開

    5

    迫り来る火砕流、降り注ぐ火山弾!「トゥームレイダー」監督が放つ火山パニックアクション、11月公開

    2020年9月25日 11:00

今週