松雪泰子、「甘いお酒でうがい」で共演した黒木華は「癒しでしかない」

2020年3月24日 14:00

40代独身女性の日常にちりばめられた悲喜こもごもを描く
40代独身女性の日常にちりばめられた悲喜こもごもを描く

[映画.com ニュース]お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが長年コントで演じる女性キャラクター、川嶋佳子が書いた日記という設定の小説を映画化した「甘いお酒でうがい」(大九明子監督)の大ヒット祈願イベントが3月24日、都内のイベントホールで行われ、主人公の佳子を演じる松雪泰子黒木華清水尋也が出席した。

40代独身女性の日常にちりばめられた悲喜こもごもを描く本作。大九監督の「美人が婚活してみたら」に続き、じろうが脚本を担当し再タッグが実現した。吉本興業とテレビ朝日が共同制作し、昨年4月に開催された「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」で上映された。

オファーを受け、原作に触れたという松雪は「言葉が美しくて詩的。ユーモアや可愛らしさもあるし、読み手にとって良い行間がたくさんある」とじろうの才能を絶賛。役作りのため、シソンヌのコントライブに足を運ぼうとしたが「じろうさんが『世界観が違いますから』とおっしゃって……」と明かし、あくまで脚本のインスピレーションから演技を作ったと話していた。

職場の後輩・若林ちゃんを演じる黒木は、「若林ちゃんは、天使みたいな女の子なので、私で大丈夫なのかなって」。この発言に、松雪が「本当に天使でした。癒しでしかない」と返すと、黒木は「舞台で何度かご一緒していますし、(役柄を通して)松雪さんを笑わせたり、明るくできればいいと思った」とはにかんだ。また、じろうと親交があるといい、「実はじろうさん、まだ映画を見ていないんですよ」と暴露。「早急に見てほしい」とアピールしていた。

清水は佳子の生活にある変化をもたらす、ふた回り年下の青年・岡本くんを演じ、「恋に落ちるお相手が松雪さんだと知り、光栄ですが、一瞬緊張が走りました。マネージャーさんに『今、松雪泰子さんって言いました?』って(笑)」と恐縮しきり。それでも「撮影は楽しかった」と振り返り、松雪も「すごくナチュラルに演じてくれた」と感謝していた。

甘いお酒でうがい」は、4月10日からテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース