男女逆転恋愛を描く「おとなりコンプレックス」PVで高橋李依がイケメン女子、斉藤壮馬が女装男子に

2020年3月9日 18:30

家族同然に育ってきたふたりの恋愛模様を描く
家族同然に育ってきたふたりの恋愛模様を描く

[映画.com ニュース]野々村朔氏による恋愛漫画「おとなりコンプレックス」の単行本第4巻が1月23日に発売されることを記念して、録り下ろしボイス付きプロモーションビデオが公開された。一見イケメン男子だが実は女性の久慈(くじ)あきらを「魔法つかいプリキュア!」の高橋李依、美少女のような顔立ちで女装も平気な男性の二宮真琴(にのみやまこと)を「ピアノの森」の斉藤壮馬が演じている。

同作は、隣どうしの家で家族同然に育ってきた、あきらと真琴の恋愛模様を描く物語。幼いころからずっと一緒だったため距離が近く、男女逆転カップルに間違われることも多い2人だったが、ある日の合コンをきっかけに、その関係が少しずつ変化していく。Web漫画誌「クロフネ」で連載中の1600万PVを超える人気作で、連載がスタートした2016年には「pixivコミック」年間ランキング2位に輝いている。

高橋と斉藤の両名は、「男女逆転、かっこよくもかわいくもある真琴とあきら」を表現するために、監督と相談しながら複数パターンの芝居を披露。高橋は、収録に先立ち原作を読み込んで、あきらのキャラクターをつかんでおり、斉藤は、2017年に実写番組「コミックBAR Renta!」ゲスト出演時に「おとなりコンプレックス」を音読したことを懐かしみながら真琴を演じたという。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース